東京メトロポリタン税理士法人

お問い合わせ

〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F

  1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 不動産 税金相談室

不動産 税金相談室

特別障害者に対する贈与【不動産・税金相談室】

特別障害者に対する贈与【不動産・税金相談室】

2021.07.30

Q このたび、私が所有する土地を売却して、まとまった収入を得ました。 相続対策や子供たちの将来のことなどを考え、家族で話し合った結果、特別障害者の長男に対して生前贈与を行いたいと思いますが、障害者の特例制度などがあれば教・・・

続きを読む

空き家の 3,000万円特別控除、取壊しについて【不動産・税金相談室】

空き家の 3,000万円特別控除、取壊しについて【不動産・税金相談室】

2021.07.23

Q 昨年、相続で父が住んでいた土地建物を取得しましたが、本年売却して、空き家の 3,000万円控除を受ける予定です。 その際、建物を取り壊すことが要件となっていますが、塀などが一部残ってしまっています。 これらも全部取り・・・

続きを読む

鑑定評価の利用について【不動産・税金相談室】

鑑定評価の利用について【不動産・税金相談室】

2021.07.16

Q 最近、父が亡くなり、不動産を承継しました。 財産評価通達に従い、路線価により評価したところ約2億円となり、想像していたよりも評価額が高くなりました。 不動産に詳しい友人によると、この土地には古い家が建っており、取壊し・・・

続きを読む

住宅ローン控除は、何度でも使えるか?【不動産・税金相談室】

住宅ローン控除は、何度でも使えるか?【不動産・税金相談室】

2021.07.09

Q 今住んでいる家を離れて、新しい物件を購入予定です。 過去に、住宅ローン控除を10年間受けたことがありますが、今回、新たに物件を購入する際にも、住宅ローン控除を受けることは可能でしょうか。 また、その際の注意点など教え・・・

続きを読む

アパートを自宅に建替える場合の取壊し費用【不動産・税金相談室】

アパートを自宅に建替える場合の取壊し費用【不動産・税金相談室】

2021.07.02

Q 父親が持っているアパートを取り壊し、子世帯の自宅を建築する予定です。 この場合の取り壊し費用は、父親の不動産所得の必要経費になるのでしょうか? A 結論からいうと、必要経費にすることができます。 取り壊し費用の扱いに・・・

続きを読む

増改築と住宅取得資金贈与について【不動産・税金相談室】

増改築と住宅取得資金贈与について【不動産・税金相談室】

2021.06.25

Q 私名義の自宅に両親が同居することとなり、増築を検討しています。 増築資金は父が負担することになりますが、税務上の問題は生じるでしょうか。 A 建物を増築する場合、法律上その増築部分の所有権は既存建物の所有者が取得する・・・

続きを読む

門や塀などの外構工事の費用【不動産・税金相談室】

門や塀などの外構工事の費用【不動産・税金相談室】

2021.06.18

Q 現在、マイホームを新築しており、来年の確定申告において住宅ローン控除を受けたいと思っています。 建築費の他、外構工事も結構な額がかかるのですが、この費用も住宅ローン控除の対象になりますか? A 門や塀など外構工事の費・・・

続きを読む

不合理分割した宅地の評価【不動産・税金相談室】

不合理分割した宅地の評価【不動産・税金相談室】

2021.06.11

Q 父の自宅を、私と弟で相続により取得しました。 弟とは、半分ずつ財産を分ける約束をしました。 父の自宅は、建物を取壊した後、売却を予定しています。 この土地の路線価は高く、少しでも価格を安くしたいため、あらかじめ分筆を・・・

続きを読む

土地評価の減額ポイント【不動産・税金相談室】

土地評価の減額ポイント【不動産・税金相談室】

2021.06.04

Q 相続に備えて、自宅土地の評価額を計算してみようと思っています。 路線価を調べて面積を乗じる程度はできますが、土地評価をするにあたって評価のポイントなどありましたら、教えてください。 A 相続における土地の評価方法には・・・

続きを読む

自宅を兄弟に譲渡する場合【不動産・税金相談室】

自宅を兄弟に譲渡する場合【不動産・税金相談室】

2021.05.28

Q 私は今年、弟に自宅を売却して、妻の実家に転居することにしました。 私と弟には、それぞれ収入も家庭もあり、生計は別です。 この場合、居住用財産を売却した場合の3,000万円特別控除を使うことはできますか? A それぞれ・・・

続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. ...
  6. 30