東京メトロポリタン税理士法人

お問い合わせ

〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F

  1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 実践!社長の財務
  4. 売上を最大限に、経費は最小限に【実践!社長の財務】第995号

実践!社長の財務

売上を最大限に、経費は最小限に【実践!社長の財務】第995号

売上を最大限に、経費は最小限に【実践!社長の財務】第995号

2022.11.21

おはようございます。
税理士の北岡修一です。

冒頭の言葉は、今年亡くなられた稲盛和夫氏の言葉です。
稲盛和夫氏の提唱する「経営の原点12ヶ条」の第5条にあります。

経営の原点12ヶ条は、私も所属していた盛和塾において、稲盛塾長が常々「この経営の原点12ヶ条さえ実行すれば、京セラくらいの会社は、誰でもできる」と言っていたものです。

シンプルではありますが、その位重要な要諦かと思っています。

経営者の方は、是非、全条を読んでみてください。
「経営の原点12ヶ条」で検索すれば、出てきます。

会社を良い会社にして、継続していくためには絶対的に利益が必要です。

ただ、利益を追求すると自社さえ儲かればいい、という自分本位の経営になってしまいがちです。お客様が取り残されてしまう、ないがしろにされていまいかねません。

それでは本末転倒であり、結果的に会社は衰退していくことになります。

そこで利益を追うのではなく、お客様に尽くすことによって最大限の売上を目指す、一方で自分たちの努力によって経費を最小限にすることを目指す。

この2つを同時に行うことによって、結果として利益が出てくる、このような状態を目指せ、ということなのです。

売上と経費は分けて考える、ということです。
通常は、売上を上げるためには、経費もかかる、ということになりがちです。

広告費とか人件費などが典型的です。

そうではなくて、売上と経費は切り離して考える、売上と経費を連動させないことが大事、ということをこの項目では言っています。

高収益の会社をつくるには、この考え方が非常に重要です。

売上が増えているときこそ、チャンスです。
その時に経費を増やさず、最小限の経費で経営することができれば、利益は最大化します。

その経営を続けていけば、利益率の高い、高収益の会社にしていくことができます。

そういう会社を目指したい方は、是非、これを実行していただきたいですね。

編集後記

先週末は、中高時代のバスケットボール部のOB会がありました。
久しぶりに、卒業以来50年近くぶりに会う人がいて、懐かしい思い出がよみがえりました。

最近は結構名前を忘れることもよくありますが、その位昔の人の名前は結構出てくるのには、自分でもビックリしますね。
このくらいの時間が経つと本当に人生人それぞれ、いろいろなことがあるなあ、と実感しました。

メルマガ【実践!社長の財務】登録はコチラ
https://www.mag2.com/m/0000119970.html

税務・財務・経営のご相談はお問合せフォームへ

税理士セカンドオピニオン

<< 実践!社長の財務 記事一覧