東京メトロポリタン税理士法人

お問い合わせ

〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F

  1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 実践!相続税対策

実践!相続税対策

今後、増税が避けられない相続税。都内で土地を持っていればかなりの確率で相続税がかかってくる可能性があります。相続税対策は、知っているか知らないかで、将来に大きな差が出てきます。相続税対策の基本から応用まで、その知識・手法を毎週ご紹介していきます。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

 

>> 登録解除はこちら

相続税申告書を提出しなくてもよい場合【実践!相続税対策】第485号

相続税申告書を提出しなくてもよい場合【実践!相続税対策】第485号

2021.04.07

おはようございます。 税理士の宮田雅世です。 相続が発生すると、相続税の申告をしなければいけないと意識する方も多いかと思います。 相続があったすべての人に申告義務があるわけではありませんので、今回は、相続税の申告書を提出・・・

続きを読む

特定路線価を使わなくてはいけない土地とは?【実践!相続税対策】第484号

特定路線価を使わなくてはいけない土地とは?【実践!相続税対策】第484号

2021.03.31

おはようございます。 税理士の稲吉茂です。 今回のメルマガでは、特定路線価を使わなくてはいけない土地の例を紹介します。 相続税や贈与税の申告に際して、土地を評価する際に、前面道路に路線価が付されていない場合があります。 ・・・

続きを読む

親の借地に子が家を建て替える場合【実践!相続税対策】第483号

親の借地に子が家を建て替える場合【実践!相続税対策】第483号

2021.03.24

おはようございます。 税理士の北岡修一です。 借地に自宅を建てて、長年住んでいたが、相当老朽化し、建て直したいが、年金生活で余裕資金があまりない。 そこで同居している子が資金を出して、あるいはローンをして自宅を建て替える・・・

続きを読む

建物関係資産の評価【実践!相続税対策】第482号

建物関係資産の評価【実践!相続税対策】第482号

2021.03.17

おはようございます。 税理士の青木智美です。 今回は、建物関係資産の相続税評価について取り上げたいと思います。 まず、建物については、固定資産税評価額により評価します。 少しでも相続税評価に詳しい方ですとご存じかもしれま・・・

続きを読む

相続不動産を売却して分割する場合【実践!相続税対策】第481号

相続不動産を売却して分割する場合【実践!相続税対策】第481号

2021.03.10

おはようございます。 税理士の北岡修一です。 相続財産がほぼ不動産しかないような場合、かつ、その不動産を誰も欲しくない、というようなケースがあります。 このような場合には、不動産を売却して、その売却代金を相続人で分ける、・・・

続きを読む

相続人が成年被後見人である場合の相続【実践!相続税対策】第480号

相続人が成年被後見人である場合の相続【実践!相続税対策】第480号

2021.03.03

おはようございます。 税理士の宮田雅世です。 相続が発生し、相続人のなかに、成年被後見人がいる場合の相続について、見ていきます。   成年被後見人とは、認知症などで意思能力がない方をいい、その方に代わって、その本人の財産・・・

続きを読む

相続税の延納制度とは?【実践!相続税対策】第479号

相続税の延納制度とは?【実践!相続税対策】第479号

2021.02.24

おはようございます。 税理士の稲吉茂です。 今回は、相続税の延納制度について書いていきたいと思います。 国税は、税金の種類に限らず、申告期限までに申告書の提出と、納税を行うのが原則です。 国税の中でも高額になる相続税も、・・・

続きを読む

内縁の妻は相続できるか【実践!相続税対策】第478号

内縁の妻は相続できるか【実践!相続税対策】第478号

2021.02.17

おはようございます。 税理士の北岡修一です。 同居して、一緒に生活しており、事実上夫婦ではあるものの、婚姻はしていない、籍を入れていない場合があります。 いわゆる内縁の妻(夫)と言われるような関係です。子どもが大きくなっ・・・

続きを読む

法定相続分とは?【実践!相続税対策】第477号

法定相続分とは?【実践!相続税対策】第477号

2021.02.10

おはようございます。 税理士の青木智美です。 今回は、法定相続分について紹介したいと思います。 法定相続人とは? 民法で定められている相続財産の分け方の割合のことです。 漢字からも、『法』律で『定』めている相続分というこ・・・

続きを読む

渡り廊下でつながれた二世帯住宅【実践!相続税対策】第476号

渡り廊下でつながれた二世帯住宅【実践!相続税対策】第476号

2021.02.03

おはようございます。 税理士の北岡修一です。 渡り廊下でつながって2棟の建物が立っており、それぞれに、親世帯と子世帯が住んでいるような場合、その敷地全体について、小規模宅地特例(評価減)が使えるか、どうか。 その2つの建・・・

続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. ...
  7. 29