東京メトロポリタン税理士法人

お問い合わせ

〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F

  1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 実践!社長の財務
  4. 設備投資の罠【実践!社長の財務】第964号

実践!社長の財務

設備投資の罠【実践!社長の財務】第964号

設備投資の罠【実践!社長の財務】第964号

2022.04.25

おはようございます。
税理士の北岡修一です。

長年、中小企業の経営を見てきて、設備投資は本当に慎重に行わないといけないな、と思います。

過度の設備投資がきっかけで、会社の業績、資金繰りが大きく悪化していくことが多かったからです。

工場の新設、建て替え、移転、最新鋭機械の導入、本社ビルや新オフィスの購入や賃貸、内装などに、大きなお金をかけるときは、本当に注意しないといけないですね。

惑わされるのは、新設される施設のカラー図面や画像など、ビジュアルに訴えるものです。

こういう図面などを見ると、夢がどんどん膨らんで、つい不要なものを追加したり、ワンランク上のものにしたりしてしまいます。

個人の趣味やマイホームを作るのなら、それでいいのかも知れませんが、事業を行っているのですから、その目的と採算を冷徹に考えていなければなりません。

そのためには、やはり数字を重視することです。

今回かけると決めた投資予算、まずはこの範囲内で行うということ。上記の図面などを見ると、この投資予算をいとも簡単に上方修正してしまうケースが多いです。

失敗の元ですね。

そして、投資後の売上の見込み、償却を含めた経費の増加額、利益変動予測、資金繰りに与える影響などを充分に検討します。

この場合、注意しなければいけないのは、設備投資による売上増の見込みです。

この投資をすれば、これだけの増収が見込める、というのは、あくまで見込みに過ぎません。

さらに設備投資には、夢や期待がありますので、どうしても希望的観測が入ってしまいます。売上見込みは高くなってしまいがちです。

投資額や増える経費、調達する資金などは、ほぼ確実に予測できますが、唯一、売上の増加額だけは、あくまで見込みに過ぎません。

簡単には見込みどおりにはいかない、何が起こるかわからないと、慎重に考えておいた方がよいでしょう。

設備投資に期待するのはいいですが、そこから湧き上がる未来像に過度に期待せず、最低限の投資をして欲しいなと思います。

編集後記

あっという間に4月も最終週で、今週末からはGWなのですね...GWのことなどは、ほとんど考えていませんでした。
コロナへの関心が少しずつ薄らいでいるような気もしますので、今年のGWは結構な人出になるのではないでしょうかね。

メルマガ【実践!社長の財務】登録はコチラ
https://www.mag2.com/m/0000119970.html

税務・財務・経営のご相談はお問合せフォームへ

税理士セカンドオピニオン

<< 実践!社長の財務 記事一覧