東京メトロポリタン税理士法人

お問い合わせ

〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F

  1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 実践!社長の財務
  4. いいものは高い&長く続く【実践!社長の財務】第918号

実践!社長の財務

いいものは高い&長く続く【実践!社長の財務】第918号

いいものは高い&長く続く【実践!社長の財務】第918号

2021.06.07

このメルマガもこれだけ書いていると、今日は何を書いたらよいか、と悩むことも多いですね。

先ほども悩んで、過去のフォルダを眺めていたら、これから何を書こうか、とメモをしたテキストファイルがありました。

何と15年も前のものでした。

その中に、いいのものは高い・・・というものがありました。

確かにいいものは高い、と思いますが、昨今は100円ショップなどもあり、必ずしも高いとは言えないのかなと思ったりもします。

高い、というのは感覚、感じるものですから人によって、シチュエーションによって違います。
絶対的なものではないですね。

100円で安いと思いますが、かけるコストやモノを見て、本当に安いのかはわかりません。

現に2リットルの水のペットボトルなどは、100円ショップよりも、コンビニで80数円で売っていますし。

ちょっと15年前の企画案の文章を引用します。
(自分のものを引用というのもおかしいですが)

 いいものは高い。だから、高いものを買おう。
 もちろん見せかけのものもある。でも長くは続かない。

 長く続いて高いもの、これを買おう。
 それが成功の発想。

 だから会社も価格は高く、長く続けてやっていくことを目標にする。
 最初は売れないが、歯を喰いしばってここを頑張れ!

 そうしないと中小企業の道はないと思う。

なかなか、いいことを書いてますよね(笑)。

単なる高いだけでなく、長く続く、ということが大事なんだと思います。

高くても、よいものだから、お客様が買い続けてくれる、まさにブランドになっていく、ということですね。

高くするというのはリスクがあります。
敬遠される、売れないかも知れない、という。

あえてそれを覚悟してまで高くするには、相当の自信がいります。

それだけ自信を持てるものだから、いいものなんだろうということです。

最初は大変でも、それを長く続けていくこと。

長く続けていけないのだったら、それはそこまでのものだった、ということなんだろうと思います。

編集後記

東京はまだ梅雨入りしていないのですかね。5月中旬の一時期は雨ばかりで、もう梅雨入りかと思っていましたが、その後天気がよくなり、さすがに宣言を出さなかったのは、そういうことかと変に納得しています。

メルマガ【実践!社長の財務】登録はコチラ
https://www.mag2.com/m/0000119970.html

税理士セカンドオピニオン

<< 実践!社長の財務 記事一覧