東京メトロポリタン税理士法人

お問い合わせ

〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F

  1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 実践!事業承継・自社株対策
  4. 会社分割で持株会社を作る方法【実践!事業承継・自社株対策】第87号

実践!事業承継・自社株対策

会社分割で持株会社を作る方法【実践!事業承継・自社株対策】第87号

会社分割で持株会社を作る方法【実践!事業承継・自社株対策】第87号

2022.02.10

Q 当社には、工具の製造部門と、機械部品の仕入れ販売部門に2つがあります。この度、それぞれの部門を別会社にして、管理部門を持株会社にしたいと考えています。
どのように行っていけば良いでしょうか?

A このような場合には、分社型会社分割を行っていけばよいでしょう。

分社型会社分割は、分割する事業を承継する会社の株式を、分割元の会社に割り当てる会社分割の方法です。

さらに、今回の場合は新たに会社を作っていくということで、新設分割を活用します。

すなわち、分割により新設される会社は、分割元の会社の子会社になる、ということです。

工具の製造部門と、機械部品の仕入れ販売部門の事業を切り出し、2つの子会社を新設するわけです。

分割元の会社には、管理部門を残しておけば、この会社が持株会社になります。

また、分割元の会社は新設される子会社の株式を100%持ち、株式以外の現金等の対価を受け取らない等の要件を満たせば、この会社分割は税制適格となります。

税制適格に該当すれば、簿価で資産を承継することができ、含み益に法人税がかかりません。

資産だけでなく、その部門に属する従業員および労務関係、取引先等の契約関係、許認可関係等も包括して承継することができます。

不動産は移転登記費用はかかりますが、不動産取得税は手続きをすれば免除されます。

そのようなメリットが会社分割にはありますので、検討してみてはいかがでしょうか?

《担当:税理士 北岡 修一》

編集後記

今日は東京でも雪が降るという予報ですが、まだ降ってきていませんね。降り方によっては、今日の行動をどうするか、ちょっと考えておかないといけないですね。前回も思ったより降りましたので...。

メルマガ【実践!事業承継・自社株対策】登録はコチラ
https://www.mag2.com/m/0001685356.html

税務・財務・経営のご相談はお問合せフォームへ

税理士セカンドオピニオン

<< 実践!事業承継・自社株対策 記事一覧