東京メトロポリタン税理士法人

お問い合わせ

〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F

  1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 実践!事業承継・自社株対策
  4. 現物分配【実践!事業承継・自社株対策】第86号

実践!事業承継・自社株対策

現物分配【実践!事業承継・自社株対策】第86号

現物分配【実践!事業承継・自社株対策】第86号

2022.02.03

Q 当社が持つ子会社の株式を、親会社に移転したいと思っていますが、売却する以外に方法はありますか?

A 現物分配という方法があります。
現物分配とは、株主に対する配当を、金銭以外の株式や土地などで行う方法です。

親会社が株式を100%持つ完全支配関係にあれば、適格現物分配になります。

適格現物分配になれば、税務上、次のように取り扱われます。

・現物分配による配当について、源泉徴収が不要
・現物分配する資産を、帳簿価額で移転できる
・親会社において、受取配当が全額益金不算入になる

現物分配の結果、親子関係であった子会社が、兄弟関係になります。

グループを組織再編して、持株会社化していくために、手続が簡単で便利な方法かと思います。ご検討ください。

《担当:税理士 北岡 修一》

編集後記

コロナ感染者、東京ではついに2万人を超えましたね。ピークアウトというのはまだまだ先なのかと思います。
回りでもよく聞くようになり、だんだん一般化してきている気がしますね。
ワクチン3回目を打てば少しは安心できるのかも知れませんが、私の住んでいる区は、なかなか来ません...1,2回目もそうでしたが...。

メルマガ【実践!事業承継・自社株対策】登録はコチラ
https://www.mag2.com/m/0001685356.html

税務・財務・経営のご相談はお問合せフォームへ

税理士セカンドオピニオン

<< 実践!事業承継・自社株対策 記事一覧