会社の状況は数字に表れる【実践!社長の財務】第804号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

会社の状況は数字に表れる、というと、そんなのは当たり前ではないかと思われるかも知れません。

では、それを常に見ているか、その数字を見て問題がある、と思えば、何らかの対応をしているか、というと、それをしっかりやっている経営者は少ないように感じます。

数字と言っても、会計や財務の数字だけではありません。
日々の営業状況や、製造、お金の動きなど、会社で起こっている様々な活動に関する数字です。

毎日の売上、客数、目標対比、前年対比、リピート率、生産状況、現預金残高・・・等々、会社によって、事業によって様々な気になる数字があると思います。

自社の事業にとって、日々、週単位、月次で、見ておかなければいけない数字は何なのでしょうか?

まず、それを明確にしておくことが大事です。その上で、その数字を継続して出していける仕組みを作っていくことです。

気になる数字があれば追加したり、やめたり、意味のあるものを絞り込んで確認していくことです。

目的はその数字を見ることによって、今、会社に何が起こっているのかを、把握することです。

その上で、次の行動を起こすことができるような指標、これを導き出すことです。まさに生きた数字を、継続して見ていくこと、これが大事です。

そのような指標を見つけ出すことは、会社の宝にもなることだと思います。

編集後記

いよいよ本日、新元号の発表ですね。どのような元号になるのか、昨日などはずい分テレビで予想などしていましたが、まったく違ったものが出てくるような気がして、ちょっと楽しみですね!

発表されてしまえば、まあだんだん慣れていくのでしょうが、これからは平成最後の・・・から、○○最初の・・・に挨拶もあいさつも変わっていくのでしょうね。

メルマガ【実践!社長の財務】登録はコチラ
http://www.mag2.com/m/0000119970.html

東京メトロポリタン税理士法人の税理士セカンドオピニオン 初回相談無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る