東京メトロポリタン税理士法人

お問い合わせ

〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F

  1. HOME
  2. メールマガジン
  3. メールマガジン
  4. お金の調達は工夫する【実践!社長の財務】第102号

メールマガジン

お金の調達は工夫する【実践!社長の財務】第102号

お金の調達は工夫する【実践!社長の財務】第102号

2005.10.17

おはようございます。税理士の北岡修一です。

ダイエーCEO林文子氏の講演(メルマガ下の方で紹介)には、4名様のお申込みがあり、ありがとうございます。

改めて林氏の本(これも下で紹介)を読んでみて、是非お話をお聞きしたいなと、思います。
何しろ、氏が行ったところ行ったところ(ホンダ時代やBMWの支店など)業績が良くなってしまう、本で読んでなるほど、と思うのですが、何かもっと秘密があるような気がしますね。

直接お話聞いて感じてこようかと思います。
一緒に行かれる方、本メルマガ下の方のご案内お読みください。

それでは、今日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  お金の調達は工夫する
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先行投資ができないと経営者でない、と先週書きましたが、何でも闇雲にやればいいってものでは、当然ないですね。

また、先行投資をするにはお金もかかります。

このお金の調達について、どれだけ工夫することができるか、これも、経営者にとって重要な資質です。

資金調達といえば、銀行借入しか頭にないようでは、ダメです。
業種やその人の経歴、考え方で資金調達はいろいろあります。

お金がないから起業できないと、よく聞きますが、それは頭を使っていない証拠ですね。

経営者としての資質がない、ともいえます。

だから起業しなくて正解なのでしょう。

起業しようという人は、たとえ今はだめでも、何とかして起業資金、先行投資、運転資金を確保してくるものです。

多少時間がかかってもいいじゃないですか。
その間にいろいろ事業戦略を練ればいいんですから。

前にも(1桁の号)紹介した、不動産会社の社長(仲介および建売)は、驚愕の方法で資金調達をしました。

何と、6か月分の広告費を払わない、という資金調達法です。

調達というとお金を持ってくること、だけを考えがちですが、本来出るお金を払わない、先延ばしにするというのも、資金調達です。

もちろん、6か月分の広告費を踏み倒すわけではありません。

7ヶ月目から、半年間でその分は払う。当然、7ヶ月目以降の広告費はきちんと払っていく。
すなわち、7ヶ月目から2ヶ月分ずつ払っていく、ということです。

不動産会社にとって、広告費は事業を立ち上げる最も重要な先行投資!

毎週バンバン チラシを入れて契約を取っていく。

6ヶ月あれば、契約-引渡-売上-入金も2回転位するだろうから、その分の広告費を払うくらいのキャッシュは、充分生み出せる。

しっかりとした戦略と度胸で、広告代理店にそのような提案ができたのですね。
もちろん、それに乗っかった広告代理店にも、人を見る先見の明があったからできたことです。

この会社は、その後急激に成長し、来年ジャスダックに公開をします。

その他にも、資金調達ではいろいろな方法があります。

・ある映像プロダクションは、設立時、多少権利関係の条件が悪くても、製作費の前受金をもらう契約を取り、映像製作を行ないました。

普通のものを作っていれば、それはそれで終わりですが、多少コストをかけてでもいい作品を作る。ヒットさせる。
それによって、次の作品につながっていきます。

これを繰り返していけば、徐々に条件も上がっていきます。
その会社に頼みたい、ということで条件が良くなるのですね。

そうやって今では、10数億を売り上げる会社になっています。

・ある会社では、徹底的に経理をきちんと行ない、銀行に毎月報告し、銀行とのパイプを非常に強くしています。

業績は、不況時もあり、そこそこであったり、関連会社には赤字もあったりしたのですが、銀行からの信頼は抜群。
実質無担保の融資も受けられたりして、資金調達は常に困らない状況です。

・前金で取れる仕組みを作る、というのも大事ですね。

機器設置のための前金3か月分 ・・・ セコムなどリース料の前金制 ・・・ 最終3回に充当します。
通販などの、代金振込み確認後、発送しますとか、代引など。
定額のサービス料なら、当月分は当月にいただきます。とか

お金のいただき方は、是非、いろいろ考えてみていただきたいですね。

締め後、翌月、翌々月、さらに手形...など、業界の慣習があるようなところもありますが、もう1度それが本当にいいのかどうか、
それ以外の方法はないのか、考えて欲しいですね。

今回は、この程度にしておきますが、資金調達にはまだまだたくさんの方法、工夫があると思います。

また、機会を見てご紹介していきます。

皆様の会社でやっていることで、参考になる方法がありましたら、是非、ご紹介ください。→ kitaoka@tmcg.co.jp

   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<セミナーご案内>━━━━━
★★滅多に聞けない!!★★

■株式会社ダイエーCEO 林文子氏 講演会のお知らせ       
──────────────────────────────────

実は、私(北岡)立教大学出身です。で、母校の宣伝も兼ねて以下の紹介です。

この度、立教大学と東京中小企業家同友会が共催で、下記のイベントを行ないます。

メインは、株式会社ダイエーCEO林文子氏の講演です。

先日創業者の中内功氏が亡くなられましたが、今ダイエーは林CEOを中心に再建の真っ最中です。

先日も数十店舗撤退のニュースが出ていましたね。また、利益も計画を相当上回る勢いとか...急ピッチで改革が進んでいるようです。
そんなホットな話も聞けるかも知れません。

また、林氏は「失礼ながら、その売り方ではモノは売れません」というかなり過激なタイトルの本も出しています。
先日の広告でも、オール紀伊国屋8月経済書売上1位と出ています。
売れているようです。私も読みましたがすばらしい本です。
→ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/475050503X/qid=1128377599/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-3406904-4340332

その他にも、立教大学の教授、企業の経営者との産学協同のセミナー、分科会が目白押し。内容は下記サイトで確認してください。
→ http://www.tokyo.doyu.jp/new/200507/new2005_07.html

●日 時:
2005年10月29日(土) 12:00~20:20
※林さんの講演会は、13:00~です。
※同友会、立教大学交えた交流会もあります。

●場 所:
立教大学タッカーホール
JR池袋駅西口徒歩5分

キャンパスマップ→ http://www.rikkyo.ne.jp/~koho/univ_data/campusmap/index.html

●参加費:
7,000円(交流会費を含む。8,000円のところ前売り割引)

★お問合せ、申込みは北岡まで⇒ kitaoka@tmcg.co.jp
※もちろん、私も行きますので、一緒に行きましょう!(北岡)

編集後記

今年の10月はずい分雨が多いですね。
第二の梅雨みたいです。

メルマガ【実践!社長の財務】登録はコチラ
https://www.mag2.com/m/0000119970.html

税理士セカンドオピニオン

<< メールマガジン 記事一覧