東京メトロポリタン税理士法人

お問い合わせ

〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F

  1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 実践!社長の財務
  4. 自己資金か借入れか【実践!社長の財務】第970号

実践!社長の財務

自己資金か借入れか【実践!社長の財務】第970号

自己資金か借入れか【実践!社長の財務】第970号

2022.06.06

おはようございます。
税理士の北岡修一です。

先日、オフィス移転する会社からの相談で、移転にかかる資金を、自己資金で行うか、借入れで行うか、相談がありました。

自己資金に余裕があれば、自己資金を使って移転することも考えられますが、無理に自己資金だけで行うと、その後の資金繰りに、影響を及ぼしてしまう場合もあります。

その目安は、やはりどのくらいの自己資金を常に持っておく必要があるか、ということになります。

このメルマガでも何回か書いていますが、通常使う現預金の残高は、売上の2か月分は持っていたいところです。

その他に臨時的にお金が出る可能性があれば、その分は別途確保しておきます。

たとえば、賃貸業などをしていれば、テナントが出た場合には、預かっている保証金を返金する必要がありますので、その資金を持っている必要があります。

そのようなことを考え、どのくらいの現預金を常に持っている必要があるかを、考えてみます。

移転をする資金を使った場合、その現預金を下回ってしまうようであれば、借入金を活用することも考えた方が良い、ということになります。

借入れを活用するのが良いのか、無借金経営が良いのかは、様々な議論があるところです。

ただ、どちらかに固執するのではなく、その時々の状況を考え、自社の財務内容をよく見て、柔軟な対応をしていくのが、良いのではないでしょうか?

無借金経営にこだわって、会社が小さくまとまり過ぎ、発展性がなくなってしまうのも、どうかと思います。

慎重であることは重要であると思いますが、思い切って借入金を活用したら、会社がそれ以上に伸びていった、というケースも見てきました。

日頃は無借金経営を目指すべきだと思いますが、ここぞという時は、借入金を活用し、会社を1つ上のステップに乗せていく、ということも必要かと思います。

ただし、常に細心であることには、注意をしていきたいですね。

編集後記

土曜日は、3年ぶりに母校の地域校友会に行ってきました。
コロナ禍の中、なかなか開催できませんでしたが、主催者も十分注意を払った上で、ようやく、このような会が開催されたのは、感慨深いですね。

お酒も入る、それなりの大きな会は久しぶりでしたので、皆も最初はぎこちなかったですが、やはりお酒が入ると、途中からは楽しい会になりました。
これから益々、このような会が復活していくことを期待したいですね。

メルマガ【実践!社長の財務】登録はコチラ
https://www.mag2.com/m/0000119970.html

税務・財務・経営のご相談はお問合せフォームへ

税理士セカンドオピニオン

<< 実践!社長の財務 記事一覧