東京メトロポリタン税理士法人

お問い合わせ

〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F

  1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 実践!社長の財務
  4. 固定費の増加に注意しよう【実践!社長の財務】第926号

実践!社長の財務

固定費の増加に注意しよう【実践!社長の財務】第926号

固定費の増加に注意しよう【実践!社長の財務】第926号

2021.08.02

固定費とは、売上の金額や数量に関係なく、固定的にかかる費用のことです。

人件費や家賃、リース料、消耗品費、水道光熱費など、販管費に属する費用のほとんどは、固定費ではないでしょうか?

固定費が増加すると、損益分岐点売上高を押し上げてしまいます。

これよりも売上を上げれば、利益が出るというポイントが上がってしまう、ということですね。

すなわち、利益の出にくい体質になってしまう、ということです。

ですから、できるだけ固定費を上げないようにしていかないといけません。

ただ、固定費というのは、ほっておくと自然に増えてしまいます。

定期購読の雑誌を購入した、新規開拓のためにある会に加入した、業務効率化のためにクラウドサービスの契約をした...等々です。

また、固定費は意識しないと減らすことができません。

毎月発生するものですから、誰かが意識してこれはやめよう、と行動しない限り、毎月発生していきます。

だからこそ、固定費は定期的なチェック、棚卸しが必要です。

もちろん、毎月支払いのチェックはしているのでしょうが、毎月発生するのが当たり前になっていると、ムダが見逃されてしまいます。

そこで、たとえば3か月or6か月ごとに、部門別あるいは科目別に、どんな固定費がかかっているのかを、リストにして、関係者に回してはどうでしょうか?

その上で、これは支払っているけど利用していないな、とか、これは意味がない、ムダだ、もう少し安いものにしようなど、意見を出してもらうのです。

改めて吟味すると、必要ない、やめてもいい、というものが出てくるはずです。

平常では気づかないことでも、改めて棚卸しリストを作ることで、気がつくこともあるかと思います。

是非、やってみてください。

編集後記

固定費の棚卸しについては、私が編集顧問をしている雑誌に9月に掲載されます。今日はそのさわりを書きました。

この雑誌は「経理WOMAN」と言って、経理担当者向けの雑誌ですが、経営者も結構読んでくれているようです。

コンパクトサイズで、わかりやすく親しみやすく編集された雑誌ですので、おすすめです。
私ももう、20年近く編集顧問をしてます…長いですね。
→ https://www.kens-p.co.jp/publics/index/92/

メルマガ【実践!社長の財務】登録はコチラ
https://www.mag2.com/m/0000119970.html

税理士セカンドオピニオン

<< 実践!社長の財務 記事一覧