東京メトロポリタン税理士法人

お問い合わせ

〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F

  1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 実践!社長の財務
  4. 早く正常な支払い循環に戻すこと【実践!社長の財務】第887号

実践!社長の財務

早く正常な支払い循環に戻すこと【実践!社長の財務】第887号

早く正常な支払い循環に戻すこと【実践!社長の財務】第887号

2020.11.02

今年は、新型コロナウイルスの影響で、売上が落ち、資金繰りが厳しくなったため、納税猶予を活用している会社も多いかと思います。

このような状況の中では、まずは資金を確保することが重要ですので、納税猶予も1つの方法です。

ただ、当然わかっていることと思いますが、あくまで猶予であり、免除ではないですので、猶予された税金は後で払っていかなければなりません。

したがって、売上が回復して多少でも資金繰りが良くなってきたら、早目に納税の再開をすることが大事です。

毎月払う源泉所得税や、中間分の消費税の支払いがなければ、資金繰りはすごく楽になりますので、猶予を始めてしまうと、なかなか抜け出せなくなってしまいます。

納税を再開した場合には、通常の納期の税金と、猶予された分の税金、両方を払っていかなければなりません。

当然、わかっていることではありますが、これは思ったよりも大変なことです。

納税の負担感は、2倍どころか、3倍、4倍に感じるのでは?と思います。

そこでまた払えなくなると、滞納がいつまでも残ってしまうことに、なりかねません。そうなると...考えると結構恐ろしいことです。

私の法人でも、毎月の源泉所得税や社会保険料、中間の消費税の額を見ていると、こんなに払うんだ、といつも思います。

これを1回でも止めてしまうと、雪だるま式に未納額が増えて、大変なことになるだろうな、と想像するだけでも恐ろしくなります。

源泉所得税、社会保険料、消費税、この3つの税金等は、毎月とか数か月に1回、継続して出てくる支払いです。

この継続して出てくる支払いは、今回のコロナは例外としても、歯を食いしばってでも払っていかなけれなりません。
免除してくれるなんてことは、ないわけですから。

こういった継続した支払いをしなかったために、払えたのに楽をしてしまったために、その後、立ち直れないほど債務を抱えてしまった会社は、何件も見てきました。

最悪は、倒産してしまった会社もあります。

猶予はその引き金につながりかねません。

そうならないためには、できるだけ早く、正常な支払い循環に戻すことが重要です。

編集後記

昨日は私の出身高校がサッカーの県大会準々決勝に進み、テレビでやっていたので見ました。野球でもサッカーでも出身高校の試合をテレビでやることなどあまりなかったので、出てるだけで嬉しかったですね。残念ながら負けてしまいましたが、近年強くなってきているようなので、来年以降が楽しみですね!

メルマガ【実践!社長の財務】登録はコチラ
https://www.mag2.com/m/0000119970.html

税理士セカンドオピニオン

<< 実践!社長の財務 記事一覧