相続税の課税価格の計算方法【実践!相続税対策】第420号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おはようございます。税理士の宮田雅世です。

第412号では、相続税の計算の流れを簡単にみていきました。今回は、その相続税を計算するために、最初に行う課税価格の計算をみていきます。

課税価格が基礎控除以下であれば、相続税はかかりませんので、この課税価格に含めるべき金額にどのようなものがあるか、確認していきましょう。

相続税の課税価格は、被相続人の遺産から債務を控除した金額に、生命保険金などのみなし相続財産や、生前贈与財産などがあれば、それを加算していきます。

被相続人の遺産は、不動産や有価証券、現預金など、お金に換算できるものすべてが相続財産となります。

これらの財産については、相続が開始した時点での評価額を計算します。評価額の計算方法については、ここでは省略します。

被相続人の遺産額がわかったら、遺産額から債務を控除します。

債務控除できるのは、被相続人の借金や未払の税金など、相続開始時点で、被相続人が負担すべき債務となります。

債務といっても、金融機関からの借入金や住宅ローンだけではなく、クレジットカードの未払い分や、医療費や入院費の未払い分などもあります。

簡単にいえば、被相続人が亡くなるまでに使った分を、亡くなった後に、相続人が支払わなければならない分です。

未払いの税金については、所得税や固定資産税、住民税など相続開始時に未払い分があれば、これらも含まれます。

所得がある場合は、相続開始から4か月以内に申告をし、納税することになっていますので、これももちろん債務となります。

債務と一緒に、遺産額から控除できるのが、葬式費用です。葬式費用は債務ではありませんが、被相続人の財産から控除することができます。

ただし、葬式費用として控除できないものがあります。
代表的なものとしては、香典返戻費用、お墓の購入費、初七日法要費などは控除できません。

死亡保険金や死亡退職金については、それぞれ「500万円×法定相続人の数」の非課税枠があります。

この非課税枠を超える金額については、相続財産に含めなければなりません。

また、相続時精算課税を適用した贈与や、被相続人が亡くなる前3年以内に贈与を受けた財産があるときには、これらも相続財産に含める必要があります。

このように、課税価格に含めるべき財産や控除できる債務は、多岐に渡りますので、注意しないといけません。

なお、相続時精算課税による贈与と、3年以内に贈与を受けた場合の相続財産への加算については、今後のメルマガで詳しくみていきたいと思います。

━━━【新春セミナーのご案内】━━━

■『令和2年度税制改正&今後の対策セミナー』
https://www.tm-tax.com/seminar/
──────────────────
昨年12月12日に、令和2年度の税制改正大綱が発表されました。

本年も様々な改正がありますが、相続対策、資産対策に関する改正もいくつか含まれております。

そこで、本年も恒例の税制改正セミナーを行いたいと思います。
皆様に関連しそうな改正を、できるだけわかりやすく解説するセミナーにしたいと考えております。

併せて、今後の対策等についても、お話したいと思います。詳細およびセミナーのお申込みは、下記サイトをご覧ください。
→ https://www.tm-tax.com/seminar/

●日時
令和2年2月6日(木)
受付14:00~ セミナー14:30~16:00 
相談会 16:00~17:00

●会場:新宿アイランドタワー12F会議室

●参加費:3,000円 
※東京メトロポリタン相続クラブ会員は無料入会希望の方は、下記よりお申込みください。

●講師:税理士 北岡 修一

編集後記

今号は、私にとっての2020年メルマガスタートです。
オリンピックイヤーである今年はどんな年になるでしょうか。
このメルマガでは、本年も皆様に役立つ情報を提供していきたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

メルマガ【実践!相続税対策】登録はコチラ
http://www.mag2.com/m/0001306693.html

東京メトロポリタン相続クラブ 入会金、年会費無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る