常に不安を持っている経営者【実践!社長の財務】第876号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

現状はうまくいっていて、それなりに業績も良い状況であっても、経営者は何かしら不安を持っているのではないか、と思います。

今はこうだからいいけど、こういうことがあったらどうなるだろう...。

今期は何とかこのまま行くだろうけど、来期はまったく予測がつかない...。

経営者の不安は尽きないものです。

中には、積極果敢で自信満々の経営者もいるかと思いますが、私はそちらの方が不安ですね。

自信満々なのはいいのですが、あまりにも走りすぎてしまう、周りの言うことも聞かず、傲慢になっていくとなると、どこかで躓いてしまう可能性が高くなります。

今期はいいけれども、来期は見通しが立たなく、不安だからこそ、どうしたらいいのかを必死で考える。

対策を立てて動く。

経費はできるだけ抑えるようにしておく。

そういうことをしていくから、少しずつ先が見えてくるのではないでしょうか。

不安を不安のまま終わらせてはいけない、ということですね。

不安があるからこそ、いろいろな準備、対策ができるのだと思った方がいいです。

考える、行動する、考える、これを繰り返していけば、必ず不安は解消していくのではないでしょうか。

といっても、また、すぐ次の不安が出てくるのですが(笑)。

編集後記

週末は熱海の方に行ってきました。海水浴場は混んでましたね。
かなり感染対策には、気を使ってましたし、それなりの距離を取って外ですし、コロナに関してはそれ程、心配ないと思います。
それにしても、下り坂ですっころんで手と膝をすりむいてしまったのは誤算でしたね(笑)。はやる気に足がついていかないのか
なあと思いつつ...。

メルマガ【実践!社長の財務】登録はコチラ
http://www.mag2.com/m/0000119970.html

東京メトロポリタン税理士法人の税理士セカンドオピニオン 初回相談無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る