東京メトロポリタン税理士法人

お問い合わせ

〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F

  1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 実践!社長の財務
  4. 銀行とのお付き合い【実践!社長の財務】第987号

実践!社長の財務

銀行とのお付き合い【実践!社長の財務】第987号

銀行とのお付き合い【実践!社長の財務】第987号

2022.09.26

おはようございます。
税理士の北岡修一です。

先日、ある会社が敷地の一部に新規の建物を建てる計画を立て、銀行に建築資金の借入れを打診しました。

結果として、借入れは出るのですが、希望額にはとても満たない額でした。

その会社は、とても財務内容のいい会社です。
利益もずっと出しています。
したがって、銀行借入れは現状はありません。

資金も運転資金としては潤沢にありますが、やはり建築資金など、大きな資金で長期に寝てしまう資金は、別途資金調達が必要になってきます。

銀行が言うには、預金取引はあるが、融資取引は初めてなので、どうしても、融資額は○○まで、金利もこの程度から、というような制限がある、ということです。

いくら財務内容が優良であっても、最初は...ということでした。

銀行にもそれぞれ取り決めがあるのでしょうから、そう言われてしまえば致し方ありません。

他の銀行や、他の資金調達手段を考えることになりました。

財務内容が良ければ、自己資金で十分やっていけるのであれば、銀行借入をする必要はない、とは思っていますが、このようなこともある、ということですね。

ある会社は、急成長して資金も潤沢になってきており、設立当初の借入金も返済が終わるところでした。

ただ、何があるかわからないから、ということで、3年くらいで返せる借入金を再度借りて、毎月返済をしています。
もちろん、借りなくても十分やっていけるのですが。

銀行とのお付き合いは、ビジネスをやっている以上、預金取引も含めて必ずあります。

どこに口座を開く、どこから借入れをする、というのは資金の問題だけではなく、取引先やビジネスの広がりなどにも関連してきます。

これらを総合的に考えて、銀行とどのようなお付き合いをしていくのか、考えていかないといけないですね。

編集後記

週末は大学卒業以来初めて、母校のバスケットボール部の応援に行ってきました。
私は高校まではバスケットボールをやっていましたが、大学ではやりませんでした。
ただ、多くの仲間が大学でもやっており、その1人が今年から、母校の監督になったこともあり、応援に行きました。

久しぶりに見るバスケの試合はいいですね!
昔を想い出し血が騒ぐ感じです。ただ、ルールが大分昔とは変わっているため、戦い方もずい分違ってきているのを感じます。
残念ながら今回は負けてしまいましたが、また行きたいですね!

メルマガ【実践!社長の財務】登録はコチラ
https://www.mag2.com/m/0000119970.html

税務・財務・経営のご相談はお問合せフォームへ

税理士セカンドオピニオン

<< 実践!社長の財務 記事一覧