東京メトロポリタン税理士法人

お問い合わせ

〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F

  1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 実践!社長の財務
  4. 事業をやるなら小さくても法人で【実践!社長の財務】第959号

実践!社長の財務

事業をやるなら小さくても法人で【実践!社長の財務】第959号

事業をやるなら小さくても法人で【実践!社長の財務】第959号

2022.03.21

おはようございます。
税理士の北岡修一です。

3連休、皆様どのようにお過ごしでしょうか?

私どもは3月15日までは、1年で最も繁忙になる確定申告がありますので、それが終わってちょうど良い休息の3連休という感じですね。

確定申告では、個人事業の方などもいますが、当社では個人事業は非常に少ないと思います。

不動産賃貸業は個人が多いですが、それは別にした通常の事業所得の場合です。

なぜ少ないかと言えば、なるべく法人化するようにしてもらっているからです。

私は事業をやるなら、法人ですべきと考えています。税制のことなどもありますが、それが主ではありません。

事業と個人の生活は、切り離した方がいい、と思っているからです。

個人で事業をやっていると、事業のお金と個人の生活部分のお金が区別しにくくなります。

収入から経費を引いて残ったお金から、生活費が出たり、遊びのお金が出たり、事業のためのお金も出たりします。

そうなるとどの部分が事業のお金なのか、個人の生活のお金なのか、わからなくなってきます。

もちろん、そういう区分けをしっかりやっていれば、個人事業であっても問題はないのでしょうが、制度的にある程度の強制力がないと、あいまい部分が残る、甘くなってしまいます。

一旦個人の生活部分に入ったお金というのは、なかなか事業の方には回しづらくなってきます。

結果として、事業が成長していく、という流れが作られにくい、ということになっていきます。

その点、法人が良いのは、明確に給与を決めて運営していくことができる、ということです。

生活部分はこの給与の中で行う、ということで明確に線を引くことができます。

その上で会社に残ったお金は、内部留保をして、会社の発展のために使ったり、万が一大きな損失を被ったときに備えることができます。

したがって、法人にしたのに、会社で残った部分のお金を、社長が個人的に使っている(いわゆる公私混同)のでは、会社にした意味がありません。

そうしたいのであれば、個人でやればいいですね。

法人にしたからには、事業と生活を明確に分け、会社に留保したお金は社長といえども決して手を付けず、会社のために使っていく、ということをやっていけば、会社は自ずと成長していくものです。

是非、会社の特性を活かして欲しいですね。

編集後記

昨日は娘の誕生日、今日は結婚記念日とお祝い事が続いています!
そして何よりも今日でマンボウも終わりですかね!

メルマガ【実践!社長の財務】登録はコチラ
https://www.mag2.com/m/0000119970.html

税務・財務・経営のご相談はお問合せフォームへ

税理士セカンドオピニオン

<< 実践!社長の財務 記事一覧