東京メトロポリタン税理士法人

お問い合わせ

〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F

  1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 実践!事業承継・自社株対策
  4. 類似業種の数値、11月・12月分は2つある?【実践!事業承継・自社株対策】第33号

実践!事業承継・自社株対策

類似業種の数値、11月・12月分は2つある?【実践!事業承継・自社株対策】第33号

類似業種の数値、11月・12月分は2つある?【実践!事業承継・自社株対策】第33号

2021.01.21

Q:非上場株式の株式評価で、類似業種比準価額を計算する場合の、類似業種の株価等の数値についての質問です。
11月、12月分の数値は、2回発表されると聞きましたがどのようなことなのでしょうか?

A:類似業種比準価額は、先週も取り上げましたが、非上場会社の株式評価の1つの方法です。

自社の数値と、類似する業種の上場企業の数値を比較して、株価を計算していく方法です。

この場合の類似業種の株価は、2か月ごとに発表されています。

1月21日現在、昨年、2020年の11月・12月分まで発表されています。
https://www.nta.go.jp/law/tsutatsu/kobetsu/hyoka/210115/list.htm

これにより、昨年12月までに相続、贈与があった場合の株式の評価額を計算することができます。

贈与の場合は、この株価により3月15日までに、贈与税の申告をすることになります。

実は、2020年11月・12月分の株価等の数値は、もう一度発表されることになります。

それは、2021年1月・2月分の株価等が発表される6月に、再度11月・12月分も発表されます。

それは、毎年類似業種を構成するサンプル会社の変更が行われるからです。

サンプル会社が変われば、当然、株価等も変わってきます。

類似業種比準価額を計算する際の類似業種の株価は、相続や贈与があった月以前3カ月の各月、前年平均、2年間平均などから、最も低い額を選ぶことができます。

たとえば1月に相続や贈与があった場合、以前3カ月は、1月、12月、11月の株価を参照します。

前年と今年でサンプル会社が変わっていれば、11月・12月分の株価は、昨年のサンプル会社のものとは変わってしまうわけです。

したがって、今年の相続贈与の株価を計算する場合は、新しいサンプル会社で計算し直した、6月に発表される11月・12月分の株価を使うことになります。

少しわかりづらかったかも知れませんが、昨年の相続贈与は、1月に発表されるもの、今年の相続贈与は6月に発表される数値を使う、ということです。

編集後記

寒い日が続いていますが、明日くらいはまた少し暖かくなるようですね。それにしても東京の方は乾燥している感じで、朝起きたときは喉がカラカラになっています。乾燥すると余計にコロナにも注意しないといけないですね。各自が注意しつつ、何とか期限どおり緊急事態は切り抜けて欲しいと願っています。

メルマガ【実践!事業承継・自社株対策】登録はコチラ
https://www.mag2.com/m/0001685356.html

税理士セカンドオピニオン

<< 実践!事業承継・自社株対策 記事一覧