東京メトロポリタン税理士法人

お問い合わせ

〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F

  1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 実践!相続税対策
  4. 相続税の2割加算【実践!相続税対策】第526号

実践!相続税対策

相続税の2割加算【実践!相続税対策】第526号

相続税の2割加算【実践!相続税対策】第526号

2022.01.26

おはようございます。
税理士の青木智美です。

今回は、相続税の2割加算について紹介します。

相続税の2割加算とは、相続した人が『配偶者』『一親等の血族』以外の人である場合に、通常の相続税の額に2割を加算した金額で相続税を計算します。

つまり、子が相続財産Aにつき相続税を納めるときは、100万円の納税であっても、

兄弟姉妹が同じAを取得した場合には、120万円の納付が必要ということになります。

被相続人の兄弟姉妹は、二親等の親族になるからです。

具体的にはどのような人が加算の対象となるのでしょうか?

下記のような人は加算の対象となります。
・兄弟姉妹
・祖父母
・孫
・子の配偶者等の姻族
・友人等血のつながりのない他人

なお、養子は法律上の子となり、一親等の血族になるため、2割加算の対象にはなりません。

ただし、孫を養子にした場合(孫養子)は、2割加算の対象になりますので、注意が必要です。

孫を養子にすることにより、相続を一代飛ばすことになるためです。

また、複雑にはなりますが、孫を養子にした場合でも、子(孫の父または母)が先に亡くなっており、孫が代襲相続人でもある場合には、2割加算の必要はなくなります。

このように、養子が関係すると複雑になります。

ただ、一般的には、孫に財産を残す場合は、概ね相続税が2割増えることを念頭におき、対策を検討することがよさそうです。

《担当:税理士 青木 智美》

編集後記

東京では、大雪が降ったかと思えば、それ以降は比較的最高気温は10度前後と耐えうるような寒さです。

5センチの雪でも、路面は凍結し、バスは止まり、出社にいつもの倍ほどかかります。

コロナで在宅勤務が一般化されつつあり、今後、雪が降ることがあれば、有効活用したいものです。

メルマガ【実践!相続税対策】登録はコチラ
https://www.mag2.com/m/0001306693.html

相続のご相談はお問合せフォームへ

東京メトロポリタン相続クラブ

<< 実践!相続税対策 記事一覧