東京メトロポリタン税理士法人

お問い合わせ

〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F

  1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 不動産 税金相談室
  4. 業者との借地権と底地の交換【不動産・税金相談室】

不動産 税金相談室

業者との借地権と底地の交換【不動産・税金相談室】

業者との借地権と底地の交換【不動産・税金相談室】

2021.12.10

Q 私は現在、借地に自宅を建てて住んでいます。
このたび地主である不動産業者から、借地権と底地の交換の提案を受けています。

交換をすることにより土地は狭くなりますが、自宅が建っている部分の土地は私の所有となります。

交換する場合であっても借地権の譲渡になるとのことですが、交換の特例を使うことができるのでしょうか?
なお、現在地主である不動産業者は、数か月前に前の地主さんから底地を購入しているようです。

A 交換の特例(所得税法第58条)は、土地と土地、建物と建物など、同じ種類の資産と交換した場合は、譲渡がなかったものとする、という特例です。

借地権と底地を交換した場合も、同種の資産として交換特例の対象となります。ただし、この特例の適用を受けるためには、次の要件を満たす必要があります。

1.交換により譲渡する資産および取得する資産は、いずれも固定資産であること

2.交換により譲渡する資産および取得する資産は、いずれも土地と土地、建物と建物のように互いに同じ種類の資産であること

3.交換により譲渡する資産は、1年以上所有していたものであること

4.交換により取得する資産は、交換の相手が1年以上所有していたものであり、かつ交換のために取得したものでないこと

5.交換により取得する資産を、譲渡する資産の交換直前の用途と同じ用途に使用すること

6.交換により譲渡する資産の時価と、取得する資産の時価との差額が、これらの時価のうち、いずれか高い方の価額の20%以内であること

ご質問の場合は、相手が不動産業者であるということで固定資産ではなく、棚卸資産(販売するための資産)にしている可能性が高いです。

また、数か月前に購入したということであれば、4.の1年以上所有していたという要件にも該当しません。

したがって、交換の特例は適用できない可能性が高いと思われます。

固定資産か棚卸資産か、購入したのはいつかなどを、不動産業者に確認してみる必要がありますね。

《担当:税理士 北岡 修一》

メルマガ【実践!相続税対策】登録はコチラ
https://www.mag2.com/m/0001306693.html

相続のご相談はお問合せフォームへ

東京メトロポリタン相続クラブ

<< 不動産 税金相談室 記事一覧