新年に向けて計画を作る【実践!社長の財務】第893号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先週、目標達成の三種の神器などと、ちょっと大袈裟に書きましたが、中でもやはり、計画実績対比表は是非やって欲しいですね。

「うちの会社はまだ小さいから、そんなものやってもしょうがないですよ。」

という社長もいますが、大きくなったからやるのではなく、やっているから大きくなる、のではないでしょうか。

年間目標くらいは、どんな会社でも作っているのではないかと思いますが、売上だけの場合、売上と利益だけの場合も多いですね。

それを是非、試算表の勘定科目ごとに落とし、なおかつ、毎月の数字にブレイクダウンしてください。

毎月かつ科目ごとにブレイクダウンすることにより、毎月の試算表と対比することが、できるようになります。

そうなると、月次の試算表を作ると同時に、計画実績対比表も作れますので、毎月運用するのが容易になっていく、ということです。

最低でも月ごとにやらないと、行動に反映していくことができません。

大事なのは比較することではなく、どう行動に移すかということですね。

それがしやすい表、時期、会議の仕方などを、各社工夫していって欲しいですね。

ということで、12月も後半に入っていきますので、やっていない会社の方は、心機一転、新年の最初から始めてはいかがでしょうか?

年末から新年にかけては、新しい計画をじっくり考えるチャンスです。

今年コロナで大変だった会社も、是非、来年はこれを乗り越える新たな計画を考えていきましょう!

編集後記

12月は最後の週は、ほぼ休みになりますので、あと2週間ということですね。本当に早いものです。あと2週間、気合を入れて頑張っていきましょう!

メルマガ【実践!社長の財務】登録はコチラ
http://www.mag2.com/m/0000119970.html

東京メトロポリタン税理士法人の税理士セカンドオピニオン 初回相談無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る