バランスシートには社長の性格が出る【実践!社長の財務】第847号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先週、バランスシートを強くする、という話をしました。
そこでも書いたように、バランスシートは会社設立以来の経営の結果の積み重ねで、できています。

一朝一夕にできたのではなく、長年かけてでき上がってきたものなのです。

だからこそ、そこには社長の性格、考え方が表れています。カッコよく言えば、社長の経営方針が結果として現われたものが、バランスシートと言えます。

そうであれば、それをじっくり見て欲しいと思いますね。
「ああ、これが私の経営方針の結果なのか...」と。

とにかく税金を払うのは嫌だ、という社長は、毎年毎年、節税をしてきましたから、繰越利益剰余金は少なく、純資産が少ないため、自己資本比率が低いバランスシートになっています。

積極的に拡大を目指してきた社長は、売上も伸びている代わりに、売掛金や棚卸資産が多く、買掛金や借入金など、資金調達も多く、常に資金繰りが厳しい状況になっているかも知れません。

堅実に持たない経営をしようとしてきた社長は、当然在庫や固定資産などは少なく、借入金もあまりないため、全体の総資産は少ないですが、自己資本比率が高い、性格どおり、堅実なバランスシートになっています。

是非、バランスシートをじっくり眺めていただき、これが自分のやってきた考え方、経営方針の結果なのか、自分の性格が表れているのかと、よく考えてみていただければと思います。

変な性格診断をするよりも、ずっといいですよね(笑)。

その上で、やはりこれは変えていくべきだなと思えば、是非、変えていって欲しいですね。

性格は簡単には変えられませんが、考え方、経営方針は変えていくことができます。

こういうバランスシートにしたい、と思えば、それに合った経営方針にしていけば、数年後には、そのようなバランスシートになっていきます。

毎年毎年の積み重ねで、振り返ってみると劇的に変わっている、というのがバランスシートの面白さだと思いますね。

編集後記

昨日は、仲間が新宿シティハーフマラソンに出るので、応援に行ってきました。雪の予想もあったのですが雪でなく雨になってしまいました。

それでも相当寒い中どうなるのかと思いましたが、大勢の参加者が雨の中元気にスタートしていきましたね。
その勢いのせいか雨もやみ、友人も昨年よりも相当いいタイムでゴールしました。

本当に、お疲れ様でした!

メルマガ【実践!社長の財務】登録はコチラ
http://www.mag2.com/m/0000119970.html

東京メトロポリタン税理士法人の税理士セカンドオピニオン 初回相談無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る