赤字は罪悪、利益は委託金【実践!社長の財務】第764号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆様、おはようございます。
税理士の北岡修一です。

今日は海外から予約配信します。

では、本日も「実践!社長の財務」よろしくお願いします!

赤字は罪悪、利益は委託金

「赤字は罪悪」というのは、あの偉大な経営者、松下幸之助の言葉です。

利益は社会に貢献した結果、得られるものであるから、赤字であるということは、何ら社会に貢献をしていない、ということになります。

大事な人を預かり、様々な社会資本を使って企業活動をしていながら、利益を上げることができない、赤字を出してしまう…

というのは、厳しいようですが経営者として、罪悪と言われても、致し方ないのかも知れません。

さすがに、世間から罪悪だとは言われないでしょうが、経営者としては、赤字を出すということは、そのくらい厳しいものなんだと、自己認識することが大事なのでは、ないでしょうか。

そう考えると、これは2期続けてやるわけには、いきませんね。

1期なら環境によってはなることはあったとしても、これが2期続いてしまうということは、確信犯になってしまいます。

万が一、赤字になってしまった時は、次の期は必ず黒字にする、という強い覚悟が、経営者には必要です。

赤字になってしまった時には、徹底的に経営を見直し、悪いところは全部膿を出して、次の期以降は必ず黒字にする、ということをやって欲しいですね!

また、もう1つ松下幸之助の利益に関する言葉で、心に響くものがあります。

利益とは、「おまえの仕事をもっとふやせという委託金」、すなわち、「利益とは、世間からの委託金」であるという言葉です。

利益が出たからと言って、自分たちの好き勝手に、ましてや、経営者が自分のためだけに使ってはいけない、ということです。

利益を出して自己満足するのではなく、世間からもっともっと期待されているんだ、そのお金を使ってもっと世の役に立つ仕事をせよ、ということなのです。

社員にもそのように説明することによって、社内に活気が溢れ、会社は、益々成長発展していくことができるのでは、ないでしょうか。

編集後記

今カナダのトロントにいます。日本より少し寒いけど過ごしやすいですね。これからこちらの時間の11時にW杯日本対セネガル戦がありますが、残念ながら見れずiphoneで結果だけ見たいと思います。今日はそんなわけで、カナダから予約配信しました。

関連記事

メルマガ【実践!社長の財務】登録はコチラ
http://www.mag2.com/m/0000119970.html

東京メトロポリタン税理士法人の税理士セカンドオピニオン 初回相談無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る