先手先手で対処していく【実践!社長の財務】第766号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆様、おはようございます。
税理士の北岡修一です。

西日本の豪雨、これだけ広い範囲で、このような大きな被害が出るとは驚きです...。被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

では、本日も「実践!社長の財務」よろしくお願いします!

先手先手で対処していく

何ごともそうだと思いますが、先手先手で対処していくのと、成り行きに任せてその場その場で対処するのでは、結果も気持ちもずい分違ってくるものです。

数字についても、結果の報告を受けて、「そうだったのか。赤字の原因は何だ?」というのと、

いろいろ対策したけど、残念ながら今月は赤字だった。だから翌月はこうしていこうと、

常に先を見ながら、先手先手で数字を捉えていくのでは、出てくる結果も、気持ちも大違いです。

まさに、経営計画とはそのようなものですね。

あらかじめ計画して、実行して、差異を分析して、次に活かしていくという、先手先手の経営です。

これは手法の問題だけではなく、気持ちが前向きだあるかどうかの問題でもあります。

常に先を読んで前向きに経営をしようとすれば、積極的な経営になります。社内も明るくなります。

そうなればいいアイデアや、社員の自発的で前向きな行動にもつながっていきます。

良い循環が起こってくるということですね。

何か事が起こる前に、あらかじめ考えて、準備して、できることをしておくこと。

今週の予定はどうなっているか。今日は何があり、何曜日には何がある。それに向けてやっておくことは何か? それらの予定を最高の結果にするために必要なものは....等々

いろいろ考えてみて、先手先手の仕事、経営をして欲しいですね!

編集後記

先週は相続税関係のセミナーをしました。このようなセミナーをすると、久しぶりにお会いする方や、ホームページを見て20数年ぶりの方なども来てくれて、とても懐かしく嬉しいものですね!まさに、セミナーの副次効果とでも言えますね。

メルマガ【実践!社長の財務】登録はコチラ
http://www.mag2.com/m/0000119970.html

東京メトロポリタン税理士法人の税理士セカンドオピニオン 初回相談無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る