税理士セカンドオピニオン 東京メトロポリタン税理士法人

0120-924-666

税理士セカンドオピニオン 初回相談無料税理士セカンドオピニオン 初回相談無料

税理士セカンドオピニオンとは税理士セカンドオピニオンとは

医療の現場では既に常識となっているセカンドオピニオン。その税金版とも言えるのが、税理士セカンドオピニオンです。法人や個人を問わず様々な税務案件がある上に、毎年の税制改正で益々複雑化しています。とても一人の税理士で全てに対応することは不可能です。今の業務は顧問税理士のまま、特定の案件についてのみ意見を求めることが、税理士セカンドオピニオンです。

“税理士セカンドオピニオン”ここが気になる!

相性が合うか、信頼できるか

まずは2時間の無料相談でご確認ください。また、メルマガなどもご参照ください。

顧問税理士との関係

今の業務は引き続き顧問税理士にご依頼ください。顧問業務には配慮して対応いたします。

費用が二重にかかる

無料相談・初診カルテ(簡易レポート)で終了も可能。その後もスポット契約で、短期間の契約も可能です。

“税理士セカンドオピニオン”4大メリット

各分野のプロフェッショナルが対応

当法人には、様々な分野のプロフェッショナルが在籍しています。
税理士といっても法人関係に強い者から、不動産や資産税に強い者まで様々です。
各分野に応じたプロフェッショナルが対応させていただきます。

豊富なセカンドオピニオンの実績

当法人は、個人事務所の時代から含めると30数年の業歴があります。
また、セミナーや相談会なども多数開催し、税務相談・セカンドオピニオン、その後のコンサルティングまで、多くの実績を残しております。

まずは無料でご相談、簡易レポートまで

当法人のセカンドオピニオンは、まずは2時間の無料相談から始まります。
その後、初診カルテ(簡易レポート)までは無料で出させていただきます。
その後の有料業務に進んでいくかどうかはお客様のご判断次第です。

税務から営業支援まで

セカンドオピニオンは税務から労務、営業支援まで幅広く行っています。
当法人が主催する「東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部」の参加などを通じて、営業支援などを行っていくことも可能です。

ごあいさつ

北岡修一

ごあいさつ

中小企業経営者の一番の相談相手は税理士であると言われております。
当然、顧問税理士に相談するのが一番ですが、もしその答えに不足や疑問がある場合、気軽に相談できる場として、この度税理士セカンドオピニオン業務を、広く行っていくことにしました。是非ご利用いただければ幸いです。

北岡 修一

東京メトロポリタン税理士法人 統括代表/税理士
ティーエム・コンサルティング株式会社 代表取締役(経営コンサルティング)
(LCC)東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部 代表社員(異業種交流会)

0120-924-6660120-924-666

“税理士セカンドオピニオン”ご活用事例

顧問税理士は、法人税中心なので、事業継承や自社株対策、相続税対策の相談になかなか乗ってもらえない

頻繁に改正があるが、法人税などを払いすぎていることはないか?他に受けられる税制優遇はないか

月次決算を早期化したい。経営計画を導入して売上・利益を増やしていきたい。資金繰りを改善したい。等々

“よくある税理士セカンドオピニオン依頼案件

“東京メトロポリタン税理士法人の“税理士セカンドオピニオン”業務フロー

税理士セカンドオピニオンの業務フロー

私たちがご対応いたします!

税理士セカンドオピニオンの税理士紹介

0120-924-6660120-924-666

フォームからの
お問い合わせはこちら

お名前必須
メールアドレス必須
お電話番号任意
お問い合わせ内容必須

会社概要