事業として成り立つかどうか?【実践!社長の財務】第848号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

会社を立ち上げたけど、なかなか軌道に乗らない、利益が出ない。

会社を引き継いだけど、毎月持ち出しで、どんどんお金が減っていく。

そのような相談に乗ることが、よくあります。

本人や社員は頑張っているし、社長もとても気のいい人なのですが、本当に経営が厳しい、という状況です。

いろいろお話を聞いていると、そもそもこの事業は成り立つのか、という疑問が湧いてきます。

社員は何人いて、毎月の経費はどのくらいかかるのか?

その商品やサービスの粗利は、どのくらいとれるのか?

毎月の経費をまかなうためには、どのくらいの販売数やお客様の数が必要なのか?

それは物理的に達成可能な数値なのか?

などなどを聞いていきますと、毎月の経費をまかなうための販売数量を達成するのは、今の体制では、とても無理、というような話になっていきます。

その数量を売るためには、もっと人が必要とか、設備を新たに追加しなければいけない、とのこと。

それでは、また固定費が増えてしまいますので、利益を出すための販売数量がさらに上ってしまう、という、正にイタチごっこの様相を呈していきます。

このような状況であると、いくら頑張っても、利益を上げることはできませんね。

聞いていくと、本人もわかっているのに、現実的にそれを見つめずに、日々の仕事(作業)に没頭してしまう。

それで、いつまでも苦しい状態が続いているのです。

そんなことあるのと、思われるかも知れませんが、そこまで極端でなくても、現実の構造を見つめずに、目先の仕事をやっていることは、多いように思います。

まずは、自社のビジネスモデル、収益モデルが、これで本当にいいのかどうか、それを見直して欲しいですね。

毎月の固定費はいくらかかっているのか?
販売数量や売上応じて、かかってくる変動費はいくらか?
粗利率は、何%とれるのか?

これがわかれば、損益分岐点の売上高や、販売数量、必要なお客様の数、などが計算できます。

その上で、しっかりと利益の出る収益モデルを立て、それは、努力すれば達成可能な数字と思えるか、などを検討してみることです。

それが、最高の努力をしても、とてもできそうにない数字と思えるならば、収益モデルや事業そのものを考え直す必要があると思いますね。

損益分岐点については、次週お話したいと思います。

━━【税制改正セミナーのご案内】━━

◎今週、次のようなセミナーをやります。
ご興味のある方、お時間のある方、是非、ご参加ください。

■『令和2年度税制改正&今後の対策セミナー』
https://www.tm-tax.com/seminar/

※主として、資産税系の税制改正セミナーです。
──────────────────
昨年12月12日に、令和2年度の税制改正大綱が発表されました。

本年も様々な改正がありますが、相続対策、資産対策に関する改正もいくつか含まれております。

そこで、本年も恒例の税制改正セミナーを行いたいと思います。
皆様に関連しそうな改正を、できるだけわかりやすく解説するセミナーにしたいと考えております。

併せて、今後の対策等についても、お話したいと思います。詳細およびセミナーのお申込みは、下記サイトをご覧ください。
→ https://www.tm-tax.com/seminar/

●日時:
令和2年2月6日(木)
受付 14:00~
セミナー 14:30~16:00
相談会 16:00~17:00

●会場:
新宿アイランドタワー12F会議室

●参加費:
3,000円
※東京メトロポリタン相続クラブ会員は無料入会希望の方は、下記よりお申込みください。

●講師:
税理士 北岡 修一

編集後記

週末は、今週行うセミナーのレジメ作りに没頭していました。税制改正セミナーの資料や、税制改正に関する原稿などを書くので、税制改正を勉強し、私自身、知識がについていくのだと、つくづく思います。

セミナーしながら、一番勉強になっているのは自分であり、何事も発信していくことが、スキルや知識を身につけていくための近道だと思いますね。

メルマガ【実践!社長の財務】登録はコチラ
http://www.mag2.com/m/0000119970.html

東京メトロポリタン税理士法人の税理士セカンドオピニオン 初回相談無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る