東京メトロポリタン税理士法人

お問い合わせ

〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F

  1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 実践!社長の財務

実践!社長の財務

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、代表:北岡修一が毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

 

>> 登録解除はこちら

借入金をしない経営【実践!社長の財務】第163号

借入金をしない経営【実践!社長の財務】第163号

2006.12.18

おはようございます。税理士の北岡修一です。 平成19年度税制改正大綱が12月14日に発表されました。 早速、新聞やネットなどから情報を取り寄せ、読んでいる方も多いかと思います。 何といっても大きいのは、資本金1億円以下の・・・

続きを読む

短期的な損得を追うな!【実践!社長の財務】第162号

短期的な損得を追うな!【実践!社長の財務】第162号

2006.12.11

おはようございます。 税理士の北岡修一です。 平成19年度税制改正大綱は、今週あたり発表されるんでしょうね。 まあ、内容的には事前に概ね明らかになっていますが、細かいところでは、結構サプライズがあるものです。 近年は発表・・・

続きを読む

儲けたお金はどこに行ったか?【実践!社長の財務】第161号

儲けたお金はどこに行ったか?【実践!社長の財務】第161号

2006.12.04

おはようございます。税理士の北岡修一です。 税制改正論議、同族会社の留保金に対する課税がなくなりそうですね。 これはとってもいいことだと思います。 なぜ、通常の法人税をかけた上に、さらに留保金に税金をかけなければいけない・・・

続きを読む

持たない経営【実践!社長の財務】第160号

持たない経営【実践!社長の財務】第160号

2006.11.27

おはようございます。税理士の北岡修一です。 毎日のように新聞には税制改正の話がでている昨今ですが、ポイントは本日も取り上げている、固定資産の減価償却のことばかりですね。 他の目玉は、証券税制の軽減税率の廃止のですかね。 ・・・

続きを読む

資金が寝てしまう三大要素【実践!社長の財務】第159号

資金が寝てしまう三大要素【実践!社長の財務】第159号

2006.11.20

おはようございます。 税理士の北岡修一です。 年末も近づいてきて、いよいよ税制改正論議が盛んになってきました。 新聞にもその動向が出ていますが、先々週出た記事の中に、”留保金課税の撤廃検討” という記事がありました。 尾・・・

続きを読む

当座買いのメリット【実践!社長の財務】第158号

当座買いのメリット【実践!社長の財務】第158号

2006.11.13

おはようございます。 税理士の北岡修一です。 最近、1つのテーマとして連結納税を勉強していますが、今後増えてくる可能性があると思います。 そんな矢先、あるネット上の記事で、次のようなことを読みました。 国税庁がまとめた課・・・

続きを読む

本当の利益とは?【実践!社長の財務】第157号

本当の利益とは?【実践!社長の財務】第157号

2006.11.06

おはようございます。税理士の北岡修一です。 ちょっと前の新聞でしたが、新会社法により新しくできた「合同会社」(LLC)の設立が7月までで1,000社を超えている、さらにその後も増え続けている、というような記事が出ていまし・・・

続きを読む

在庫の失敗談【実践!社長の財務】第156号

在庫の失敗談【実践!社長の財務】第156号

2006.10.30

おはようございます。税理士の北岡修一です。 下で案内していますが、11/21実践!社長の財務の、より具体的な実務のためのセミナーをやります。 前回の、実践!社長の財務も、何人かこのメルマガから来ていただきましたが、その時・・・

続きを読む

早期回収の具体的方法【実践!社長の財務】第155号

早期回収の具体的方法【実践!社長の財務】第155号

2006.10.23

おはようございます。税理士の北岡修一です。 先週は、M&Aのセミナー、何名か来ていただきありがとうございます。 近年の商法改正、今年は新・会社法創設、そして税法改正も後押ししてM&Aや組織再編が非常にやりやすくなってきて・・・

続きを読む

回収なくして売上なし【実践!社長の財務】第154号

回収なくして売上なし【実践!社長の財務】第154号

2006.10.16

おはようございます。税理士の北岡修一です。 今日は時間がなくなってしまいました。もうそろそろ出ないと間に合いません。したがって、序文はなしで... (なぜか、序文はいつも最後に書いているのですね。編集後記よりもあとに。こ・・・

続きを読む