申告期限前に遺産分割をしていた場合【実践!相続税対策】第438号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆様、おはようございます。税理士の北岡修一です。

本日は、私の担当の第436号(2020/4/29)に関して、少し付け足しをさせていただきます。

同号で、相続税の申告をせずに、申告期限から3年を超えてしまうと、小規模宅地等の特例や、配偶者の税額軽減が受けられない、ということを書きました。

このような場合に、その後申告をしたり、税務署から指摘を受けたような場合は、多額の相続税が発生することがあります。

ただし、例外もあります。

それは、相続税の申告期限までに、遺産分割が行われていた場合です。

遺産分割は行われていたのに、相続税の申告をしていなかった、ようなケースです。

この場合においては、期限後申告であっても、小規模宅地等の特例や、配偶者の税額軽減を受けることができます。

また、「申告期限後3年以内の分割見込書」を添付する必要もありません。

期限内に、既に分割はされているからです。

さらに、申告期限から3年を超えた場合であっても、上記の特例の適用を受けることが、可能です。

あくまで分割は、期限内にされているからです。

申告期限後3年内というのは、「遺産分割が」、ということです。

したがって、とにかく相続税の申告期限までに、遺産分割をするということが、非常に重要、ということですね。

相続開始後10カ月以内、ということです。

それがどうしてもできなかった場合には、「申告期限後3年以内の分割見込書」を提出することが、必須となってくるわけです。

編集後記

新型コロナウイルス、少し先が見えてきた感じですね。
今日、多くの都道府県の緊急事態宣言が解除されそうです。
ただ、東京近郊はまだですし、安心してタガがゆるまないようにしたいですね。
早く経済も回復させていかないといけないし、両立させていくことが大事だと思います。

メルマガ【実践!相続税対策】登録はコチラ
http://www.mag2.com/m/0001306693.html

東京メトロポリタン相続クラブ 入会金、年会費無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る