成年年齢18歳とする改正について【実践!相続税対策】第395号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おはようございます。税理士の宮田雅世です。

昨年の民法改正では、成年年齢を20歳から18歳に引き下げることなどを内容とする法律が成立しました。

施行は令和4年(2022年)4月1日からと、まだだいぶ先ですが、相続や贈与については、年齢を要件とする制度があります。

未成年者というと、相続税では未成年者控除があります。

相続人が未成年者の場合、相続人が20歳に達するまでの年数×10万円を、納税額から控除することができます。

成年年齢を18歳にすることで、現在では未成年者控除が適用できますが、改正後、相続人が18歳である場合、この控除が受けられなくなるため、相続税においてはデメリットですね。

贈与税では、年齢を要件とする、相続時精算課税制度と特例税率が大きく影響します。

相続時精算課税制度とは、贈与税の暦年課税(年間110万円まで非課税)に代えて選択できる贈与税の制度であり、累計2,500万円までの財産贈与については、贈与税がかからない制度です。

ただし、相続が発生した場合には、相続時精算課税制度を適用して贈与された財産については、相続財産に含まれ、相続時に税金を精算することになります。

この相続時精算課税制度を選択して、贈与を受ける場合は、条件がいくつかあります。

財産をもらう側が20歳以上であること、贈与者は直系の父母や祖父母であること、贈与者が60歳以上であること、などです。

この財産をもらう側が20歳以上から、改正後は18歳以上となります。相続時精算課税制度を適用できるのが2年早まりますので、メリットと言えます。

また、贈与税の特例税率については、直系尊属から贈与を受けた場合は、一般の贈与よりも低い税率を適用できます。

特例税率を適用できるのは、20歳以上の者が、直系の父母や祖父母から財産の贈与を受ける場合です。

これも18歳以上となることで、早めに贈与を検討されている方にとっては、メリットになります。

このように、成年年齢引き下げに伴い、相続や贈与でも関係する制度がいくつかあります。

適用は3年後になりますが、早いうちから贈与を検討される場合には、年齢要件などもあることを知っておくと、対策なども立てやすくなるのではないかと思います。

━━━【セミナーのご案内】━━━━━

※前回、あっという間に満員御礼になってしまったセミナー、
ご要望にお答えして、再度、行うことになりました。

■『認知症対策と家族信託の活用』

講師:司法書士 坂野 弘樹
https://www.tm-tax.com/seminar/
──────────────────
”もしもの時に備えるために、家族信託について知っておきましょう!”

<主な内容>
●なぜ、いま家族信託なのか?
●家族信託の概要
●家族信託とその他制度の比較
●家族信託の活用などなど

昨今、認知症や脳梗塞等による意思無能力のリスクは誰もが抱える課題となってきております。

認知症等に関係するリスクに関係する対策は、生前の元気な内にしかできません。

そのような事例もご紹介しながら、成年後見制度、遺言、家族信託の比較を交え、家族信託の活用について、わかりやすくお伝えするセミナーです。

※皆様のご参加をお待ちしております!

●日 時
令和元年7月25日(木)14:30~16:30(受付14:00~)

●会 場
新宿アイランドタワー12F会議室
新宿区西新宿6-5-1 丸の内線「西新宿駅」地下から直結

●参加費:3,000円

※東京メトロポリタン相続クラブ会員は無料です。
会員でない方は、下記ご入会の上、お申込みいただければ、無料させていただきます。

※お申込みは、下記サイトより。
https://www.tm-tax.com/seminar/

編集後記

7月25日(木)に、第2回目の認知症対策と家族信託活用セミナーを開催いたします。6月11日に開催した時と同じ内容としています。
家族信託について、できるだけわかりやくすご説明いたしますので、ひとりでも多くの方にご参加いただければ幸いです。まだ席に余裕がありますので、ご興味のある方は、お早めにお申し込みください。
https://www.tm-tax.com/seminar/

メルマガ【実践!相続税対策】登録はコチラ
http://www.mag2.com/m/0001306693.html

東京メトロポリタン相続クラブ 入会金、年会費無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る