東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 業務案内 >> 税務顧問業務

東京メトロポリタン税理士法人 業務案内

  • 経営管理システム
  • 税務顧問
  • クラウド記帳代行
  • 会計参与
  • 事業承継
  • 相続税
  • 人事・労務
  • 法務

東京メトロポリタン税理士法人 税務顧問業務

概要

税務および会計の全般について、そのチェック、指導、相談、報告、討議などを通して、顧問先企業の成長発展を支援していきます。
また、様々な情報の提供やセミナー、異業種交流会への参加機会なども提供しながら、経営全般の支援をしてまいります。

関与形態

経理・会計処理は、会社側でやることが原則

経理・会計処理は、会社側でやることが原則

当社では、経理・会計処理は顧問先様で行なって頂くことを原則としております。
会計を経営に活用していこうと思えば、経理や会計処理は、当然顧問先様自身でできなければならないからです。但し、経理・会計処理がまだ軌道にのっていない顧問先様には、弊社でその方法をご指導させて頂きます。
すなわち、月次のデータをいかに早く上げるか、そのデータを見て、いかに次月の行動に結びつけていくか、これが大事だからです。

毎月関与が基本

税理士またはそれに準ずる者が、毎月1回半日程度往査して、会計・税務処理のチェック、月次決算のご報告、打ち合わせ等を行います。その中で、特に社長様等との「打ち合わせ」の時間を大切に考えています。社長様との定期的なミーティングによって、例えば、今期の決算数値の予測、今後の業務展開などをヒアリングさせて頂き、また、その他ご相談をお聞きして、顧問先様の成長発展のお役に立つサービスのご提供を考えております。もちろん、ご相談は、電話、メール、ご来社の上、常時対応しております。

年数回関与

原則は上記のとおり、毎月関与をしていくのですが、起業当初などで資金の余裕がない、ボリュームもあまり多くない、ということであれば年1回の決算・申告のみお請けすることもあります。
また、会社で精度の高い経理をやっているため、チェック等は四半期ごとでよい、というような関与形態もあります。
いずれにしても、関与方法については、ご相談ください。

記帳代行

記帳代行

弊社では、通常の記帳代行は行っておりません。
クラウド記帳代行を行っておりますので、そちらの項目をご参照ください。

書面添付

弊社では、税理士法第33条の2に基づく「書面添付」を申告書提出時に積極的に行っております。「書面添付制度」は、私どもが申告に当たって計算等を行った事項に関することや、相談を受けた事項、申告等に関する所感を記載した書面を申告書に添付することにより、税務調査を行う際には、私どもに意見聴取を行うことになっています。この意見聴取により、税務署が実地調査を行う必要がないと判断した時は、調査が省略されることになります。比較的規模の小さな会社で、特に問題がないと思われる場合は、調査が省略される可能性も高く、顧問先様には喜ばれております。

なお、「書面添付」を行う顧問先様は、毎月関与でかつ一定顧問料以上の顧問先様に限らせていただいておりますので、あらかじめご了承ください。

セミナー、情報提供

月次顧問契約を結んでいただいている顧問先様には、毎月、弊社手作りの経営支援ニュースレター「いい会社にしよう!」をお送りしています。 また、ビジネス交流の場として多くの顧問先様にご好評頂いている、弊社主宰の異業種交流会「東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部(通称:TMBC)」へも是非ご参加ください。

顧問報酬について

弊社では報酬規定を設けており、それに基づいて顧問料を決めさせていただいております。ただし、顧問先によって関与形態はかなり異なってきますので、報酬規定をベースに、業務内容等を勘案して見積りを提示する形をとっております。

顧問報酬の具体例

弊社と顧問契約した場合の、実際の具体例です。ご参照ください。

  • 民間の介護事業 社員数 約80名 売上高:9億円位
    報酬: 月額顧問料8万円 決算料40万円

    介護事業という専門的な業種のため、経理についても専門性を必要とする会社です。会計処理項目も多いのですが、経理担当者様の能力が高いため、ほとんど間違った会計処理がない会社です。

    弊社の関与形態としては、月1回半日程度訪問しますが、事前に会計データを送っていただき、チェック修正等はメール等でやり取りしておきます。その上で、会計データをベースにエクセルで月次報告書を作成して持参します。訪問時は、役員および経理担当者へその月次報告書をもとに月次決算状況等の報告を行い、内容に関する討議、課題や今後の方向性、その会社を取り巻く様々な問題についてお話しします。お話の中から課題に対する対処の仕方などを決めていきます。
    その後メールでやり取りした確認事項について、原始資料との照合やその他作業を行うこともあります。

  • 金属取引 社員数10名 売上高:7億円未満
    報酬: 月額顧問料7万円 決算料40万円

    設立10年程度の若い会社ですが、金属の輸出入取引で業績を伸ばしています。アジアを中心にグローバルに活動している元気な会社です。 会社には専属の経理担当者を置かずにアウトソーシングで対応しています。また、クラウドを使った社内システムと、市販会計ソフトをエクセルを活用して連携させることにより、2度手間がなくリアルタイムでの情報の共有ができる効率的な経理処理を実現しました。

  • システム開発 社員数:5名 売上高:1億円未満
    報酬: 月額顧問料5万円 決算料30万円

    経理・会計は、会社に会計ソフトを導入し、プログラマー兼事務の方に経理および入力の方法を指導してやってもらっています。経理ははじめてとのことでしたが、PCには慣れていたので、比較的スムーズに導入できたと思います。 月次の処理は、毎月10日位にはできるので、その直後に弊社の担当者が半日程度お伺いします。会社にてチェックおよび間違っている点の修正をしてもらい、月次資料を作成します。それを基に社長に報告しいろいろと話をしてくる、典型的なパターンです。

  • 雑貨輸入販売 社員数15名 売上高:6億円未満
    報酬: 月額顧問料8万円 決算料40万円

    設立12年程度のこの業界では中堅クラスの会社です。扱っている商品が特殊なものなので、それ程同業他社はありません。ニッチな市場です。

    この会社も、基本は会社で経理・会計をやっております。業種がら販売管理や在庫管理などのしくみや運用について、相談に乗っています。システム面の相談も受けております。さらに、社長から次の代への事業承継なども相談に乗っており、こちらの方は別途契約にて対策業務を請け負うことになります。

  • 製作プロダクション 社員数40名 売上高:15億円未満
    報酬: 月額顧問料15万円 決算料50万円

    製作のために様々な原価が発生し、支払先も多くなりますので、その処理をいかに効率的にやるかが課題になります。設立当初より会計ソフト+オリジナルの原価管理ソフトの開発を一緒に行ない、効率的な管理システム作りを行なってきました。会社がそれなりに大きくなってきましたが、そのシステムが有効に機能しているため、最小限の人員で経理処理等ができていると思います。併せて業績も上がってきていますので、私どももやっていて大変やりがいのある仕事だと思っています。

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です