どのような会社にしたいかを考える【実践!社長の財務】第776号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆様、おはようございます。
税理士の北岡修一です。

今日は3連休の最後の日、敬老の日なんですね。
一瞬、何で休みなんだろうと思いましたが、そうなんです(笑)。

最近は9月15日、ということではないんですね。

ということで、本日も「実践!社長の財務」よろしくお願いいたします!

どのような会社にしたいかを考える

社長が、どんな会社にしたいか、と思っていることは、実際にそういう会社になっていくものだなあ、ということは、いつも感じています。

これは財務、数値面においてもそうですね。

資金繰りに苦しまない、余裕のある会社にしたい、と思っていれば、徐々にそのようになっていきます。

本気で思っていることは、当然、そのように行動していくからです。

資金繰りをよくしていくためには、常に、支払よりも入金が先にあればよいのです。

仕入よりも、売上の方が多いのですから、入金が先にあれば、資金繰りは楽になるはずです。

だから、資金繰りを良くしたければ、単純に常に入金が先に来るようにすればいいのです。

考えてみれば単純なことなのですから、これをどのように実行するかを考えます。

入金を早くするには、現金商売が一番です。ただ、小売店や飲食店などでなければ、なかなか現金で売るということはないでしょうから、いろいろな方法を考えないといけないですね。

昨今のスマホ決済などは、正にそれですから、小売店や飲食店に限らず、是非、導入したいしくみです。

その他にも、資金繰りをよくしたければ、定期的な収入があることが重要な要素でしょう。

たまにしか入金がなければ、入金がない間は、資金繰りが苦しくなります。

そこで定額制や、会員制、月額引落しなど、安定収入があがるしくみを考えます。

先日読んだ、幻冬舎の本には、NewsPicks Bookという月額の会員制で、毎月本が送ってきたり、イベントに参加できるようなしくみがあるので、驚きましたね。

これも、出してみなければ売れるかどうかわからない、出版業界のしくみを変えるようなもので、かつ、資金繰りもよくしていくビジネスモデルですね。

ということで、資金繰り1つとっても、社長が考えるどんな会社にしたいかで、大きく変わってくるのです。

是非、理想的な会社を思い描いて、それに向かって、いろいろな施策を講じていって欲しいですね。

編集後記

2週続けての3連休。とりあえず前半は貯まったことをやる時間にあてました。後半は遊びにでも行きたいな、と思っていたら、既に2日間は予定が入っていました...母校の大学で、秋学期の最初の授業を受け持つことになっています。そうそうそれをしっかりやらないと!最近は休みでも授業があるんですね。

メルマガ【実践!社長の財務】登録はコチラ
http://www.mag2.com/m/0000119970.html

東京メトロポリタン税理士法人の税理士セカンドオピニオン 初回相談無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る