スタートダッシュが肝心【実践!社長の財務】第734号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
hc163_l

皆様、おはようございます。
税理士の北岡修一です。

税制改正議論が活発になってきていますね。
特に所得税改革は、高所得者にドンドン負担が片寄りそうで、ちょっとどうなのかな?と疑問がありますね。

高所得者の方が頑張ってこそ、益々日本経済が発展すると思いますので、この層の勤労意欲をなくさないようにして欲しいと思います。

ということで、本日も「実践!社長の財務」よろしくお願いいたします。

スタートダッシュが肝心

この土日と、その前の23日の休みは、あるビジネス誌の原稿執筆に没頭していました。

テーマは「経営計画」です。経営計画をいかに作成し、どのように活かすのか、特集ということで、かなりボリュームがありましたが、何とかヘトヘトの状態で書き上げた感じです。

その内容については、発売前なので、公開できませんが、今も頭の中は経営計画で一杯、みたいな感じです(笑)。

さて、計画を達成するために何が大事か、というと、その1つは、スタートダッシュではないでしょうか?

毎月、毎月、計画とか目標とかノルマがあるかと思いますが、それを達成するには、1日目からドンドン実績を上げていくことです。

最初の数日は、前月の振り返りみたいなことで、ノンビリしている人が多いかも知れません。月末も終わって、ホッと一息というようになりますね。通常は。

でも、そこでノンビリしていると計画達成は後々難しくなってきます。

感覚としては、半分あるいは2/3を経過するまでには、目標を達成する、というつもりでやることが、目標達成の秘訣です。

完全に達成できてなくても、その時点で見込みが立っていることです。

後の残った1/3がまた重要ですね。これは次の月なり期への仕込みの時間です。次の月にスタートダッシュできるよう、仕込み、準備をするわけです。

1/2あるいは2/3で目標を達成して、残り1/3で仕込みをしていく流れができると、ものすごく気持ちの余裕も出てきますね。

是非、意識してやっていただければと思います。

この方法は、3年連続毎月目標をクリアした、ある営業マンの方から聞いた話です。

営業マンだけではなく、様々な職種にも使える考え方ではないでしょうか?

編集後記

本文で紹介したビジネス誌というのは、「経理ウーマン」という雑誌です。経理の女性が主に対象ということですが、結構、中小企業の経営者の方も、読まれているようです。経理ウーマンの方から「社長も読んだ方がいい」と言われているのかも知れませんね(笑)。

12月末発売号には、上記の経営計画の記事が出ますので、よろしければ是非、お読みください。
→ http://www.kens-p.co.jp/publics/index/189/

メルマガ【実践!社長の財務】登録はコチラ
http://www.mag2.com/m/0000119970.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る