焦らずじっくりいく【実践!社長の財務】第725号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Road

皆様、おはようございます。
税理士の北岡修一です。

9月も最終週、中間決算期末でもありますね。

9月末はよく銀行が中間期末なので...とお願いにくることがありますが、今週はある顧問先の会社が、大きな借入金を返すことになっています。

ようやく返済できてこちらはひと安心ということですが、銀行としては痛しかゆしのところがあるんでしょうね...。

ということで、早速、本日も「実践!社長の財務」よろしくお願いいたします。

焦らずじっくりいく

「何年後には○○億円の売上にしたい」など、大きな目標を立てて、事業に邁進している経営者は多いですね。

もちろん、大きな目標を立てて、事業を進めていくのはいいことですが、なかなかそう簡単には行かないことが多いものです。

よくよく計算してみると、その売上に到達するには、毎年平均30%もの成長が必要だったりします。

ユニクロなども、いついつまでに1兆円などとやっていましたし、たとえ達成できなくても、大きな目標を掲げたからこそ、
その近くまで行くことができた、ということもあるでしょう。

だから大きな目標を立てるのは、いいことだと思います。

ただし、具体的な数字や行動計画まで、長期計画に落とし込むと、弊害も出てきます。

たとえば、組織とか設備とか人員などの長期計画を立てると、それに沿って、投資だけが先行してしまう可能性があります。

しっかりお膳立てを作って、さあやるぞ、とやっても果たしてその通り事業が伸びていくとは限りません。

世の中の流れ、お客様あっての商売であり、準備ができたからといってこちらの思うとおりになるほど、簡単ではないですね。

だから、長期的な大きな目標はあっても、それは常に見て思い続けながら、現実は今の仕事、今期の計画を達成する、上回ることに没頭する、ことをやって欲しいですね。特に中小企業は。

○○億円の売上にしたいが、なかなか到達しない、また今期も3%しか伸びなかった、一体いつになったら達成できるか、と思うかも知れません。

でも3%伸ばすことができ、利益も出して経営も安定しているならば、焦らず、毎期毎期少しずつでも目標に近づき、いずれは絶対にやってやると、思い続けることが大事ではないでしょうか?

そのためには、毎年の計画を少しアグレッシブに立てて、これを達成するのは結構大変だ、というレベルで作って、その達成を目指すことです。

○年後の○○億円も、結局は毎月毎月、毎期毎期の積み重ねでしか、達成することはできないのですから。

是非、焦らずじっくり、絶対にあきらめず、やっていきましょう!

編集後記

長期目標と、足元の今期計画との関連ということで、通勤時に新宿駅を歩いている時によく思います。というのも、新宿駅の西口はいろんな方向から人が歩いてきます。そこをすり抜けて目標の方向に行くのは、結構大変です。ぶつかりそうになることがよくありますね。

そんな時の歩き方ですが、遠くの行く方向を見ながら、何となく近くも見ておく、という歩き方です。直前に迫ってくる人ばかり見ていると、以心伝心で同じ方向によけてしまうこと、よくありますね。でも、その人は当然見ているが、遠くも同時に見ていると、さっとすり抜けて行けるんですね。

うまく言葉で現せませんが、わかるでしょうか?遠くを見ながら近くも見ている、正に長期計画を見据えつつ、足元の今年度計画を見て、しっかり歩いていくという歩き方、これがいいのではないでしょうか?(笑)。

メルマガ【実践!社長の財務】登録はコチラ
http://www.mag2.com/m/0000119970.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る