会計参与を活用しよう!【実践!社長の財務】第676号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
gd178_l

皆様、おはようございます。
税理士の北岡修一です。

今日は時間がないので、早速本文に入ります。

ということで、本日も「実践!社長の財務」よろしくお願いいたします。 

会計参与を活用しよう!

最近、会計参与がらみの仕事、提案が増えています。

会計参与は、皆様ご存知でしょうか?
平成18年に、会社法創設と共に導入された制度なのですが、意外と知られていませんね。

会計参与とは、取締役や監査役と同じように、会社の役員です。
したがって、株主総会で選任され、登記もされます。

ただし、会計参与になれるのは、税理士、公認会計士、または法人である税理士法人、監査法人です。

会計の専門家しかなれない役員、ということですね。

会計参与は何をやるかというと、監査とは違います。
監査は作成された決算書を、外部の目としてチェックするわけですが、会計参与は会社と共に決算書を作成することになります。

したがって、決算書の内容に責任を持つことになります。

また、会社とは別途に決算書を保管し、外部の求めに応じて決算書を開示する機能も有しています。

会計参与は、会計の専門家が責任を持って決算書の作成に関わっていきます。役員となっているため、会社や株主、第三者に対する過失責任なども背負います。損害賠償もあり得るということです。

したがって、会社となあなあの関係での決算などはできなくなってきます。会計事務所がそうとは言いませんが、会計事務所としての立場での決算よりも、厳しい状況で関わることになります。

会計参与というのは、それだけ責任のある立場で、ある意味資格をかけてやるわけですから、当然にその会社の決算に対する信用は高くなってきます。

そのため銀行や保証協会での金利等の優遇があったり、建設業の経審などにおいてもポイントが加算されたりしています。

この会計参与は、中小企業においてはもっと活用したらいいのではないか、と思います。

監査以上にある意味厳しい面もありますが、監査ほど報酬が高くない、という面で、中小企業には向いているのではないかと思います。

そういう意味で、私どももこの会計参与を推進していますし、やはり会計をよくしていくところから、中小企業は成長していくと思っていますので、これからも力を入れていきます。

検討される会社の方がいれば、是非お声がけください。

 

編集後記

昨日は母校のホームカミングデー行ってきました。いつもの年は所属する会の模擬店の手伝いをしていましたが、昨日は初めて夫婦同伴で参加したため、1 OBとしてホームカミングデーを満喫してきました。いつもやっている公開前の映画も、今回初めて見ることができ、すごくよかったですね。OBを大事にしてくれる学校に感謝です!

メルマガ【実践!社長の財務】登録はコチラ
http://www.mag2.com/m/0000119970.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る