相続登記はすぐにやっておく【実践!相続税対策】第298号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
jc113_72a

皆様、おはようございます。
税理士の北岡修一です。

今日は配信が遅くなってしまいました。

ということで早速、「実践!相続税対策」本文に入りたいと思います。

相続登記はすぐにやっておく

相続の仕事をしていると、たまにあるのが、相続による不動産の所有権移転登記(相続登記)をしていないケースです。

先日も、父親が亡くなったので、相談に来た相続人の皆様が、自宅不動産の持分は、親が2分の1で、残り2分の1を子3人が共有で持っている。

固定資産税もそのように払っている、と相続人全員がそう言います。

ただ、謄本がそれこそ40年前のものしか持っておらず、その後謄本を取ってみたところ、何と不動産の名義は亡くなった父親の父親、すなわち、相続人の祖父1人の名義でした。

これはちょっと厄介だぞ、と思いましたが、案の定、祖父の相続の時の遺産分割協議書などもなく、父親が1/2持っていることすら、書面では確認できません。

父親の兄弟、すなわち、祖父の相続人は5人もいて、中には既に亡くなっている方もいます。父親は長生きしたため、亡くなっている方の方が多いのです。

こうなると祖父の時の遺産分割をどのようにしたのか、それをあらためて、遺産分割協議書などを作っていかなければなりません。

既に亡くなった方の場合は、その相続人と話していかなければなりません。一体何人いるのだか、これはかなり厄介ですね...。

相続登記に関しては、特に期限などはありません。

相続税の申告は、ご存知のように10ヵ月以内に行わなければなりませんが、それが終わるとホッとしてしまって、相続登記を後回しにしてしまうこともあるのでしょう。

また、相続登記のお金を勿体ない、とケチってしまう人もいます。

以前にも、相続登記をしていないケースがあって、その後相続人が亡くなったりして、ご相談を受けた時は、何と30人もの関係者(相続人の相続人)がいる、ということがありました。

とにかく早くやった方がいいということで、司法書士さんにお願いして見積りをしてもらったところ、何と100万円以上の費用がかかる、ということになりました。

まずは、関係者がどこにいるのかを探して、連絡を取って、遺産分割に納得してもらって、書類に印鑑をいただき、戸籍から印鑑証明書から各種の書類をいただく・・・・

これを30人分やらなければいけないのですから、当然費用もかさみます。

1回の相続登記をケチったために、後々こんなことになってしまうのですね。

その方は、結局いまだにそれをやっていません。決断がつかないのか、費用をケチっているのか...できるだけ早くやるしか方法はないんですけどね...。

ということで、相続登記は、相続税の申告とともに、その流れで一気通貫でやってしまうのがいいです。

書類揃えたり、印鑑もらったりするのは、相続税申告と共通することが多いですから、一緒にやってしまうのが絶対いいですね。10か月間は皆様緊張感ありますから、そこでやるべきです。

登記は後でいい、なんて延ばしてしまうと、だんだんやるのが億劫になってきたりするものです。

弊社で相続税申告をする時は、提携の司法書士さんと共に、これは一緒に進めることにしています。

相続登記も、ある面申告を担当する税理士の責任だと思いますので。

━━【セミナーのご案内】━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■税理士が教える!所有不動産の相続(争族)対策!
http://www.hng.ne.jp/seminar/view/766
──────────────────────────────

相続税対策の8割は不動産に関することです。
税金の問題、分割の問題、共有の問題、納税資金の問題・・・
不動産に関しては、様々な問題がありますね。

そんな不動産に関する相続対策をお話しするセミナーを、六本木ヒルズで行います。

参加費は無料ですので、是非、本メルマガの読者の皆様、東京メトロポリタン相続クラブの皆様のご参加をお待ちしております。

詳細およびお申し込みは、下記サイトから
→ http://www.hng.ne.jp/seminar/view/766

日時:平成29年9月17日(日)
受付開始/12:45
セミナー/13:00~14:30
個別相談/14:30~

会場:六本木アカデミーヒルズ49階
港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階
日比谷線「六本木」駅1C出口より徒歩3分
大江戸線「六本木」駅3出口より徒歩6分

参加費:無料

主催/ネクスト・アイズ株式会社
協力/東京メトロポリタン税理士法人

編集後記

昨日はある会社の経営計画発表会に行ってきました。社員の皆様決められた発表形式に則って、ビシッとこれから1年の計画を発表していました。最後には「必達を誓います!」と外部の関係者の方もいる前で言います。これでは必達しないわけにはいきませんね(笑)。弊社も経営計画会議を今週やりますが、見習わないといけないですね!

メルマガ【実践!相続税対策】登録はコチラ
http://www.mag2.com/m/0001306693.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る