区分所有にするか、共有にするか?【実践!相続税対策】第267号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
, Floor

皆様、おはようございます。
資産税チームの宮田雅世です。

2017年も早いもので、2月に突入です。
2月1日から贈与税の申告、15日から所得税の確定申告の受付が始まります。

準備の方を、是非、早目にやっておきましょう。

また、明後日2月3日(金)&2月5日(日)に、無料セミナーを行います。
講師は、このメルマガでもお馴染みの弊社 北岡が行いますので、よろしければ是非、ご参加ください。

メルマガ本文の下に、ご招待の案内がありますのでお読みいただければと思います。

では、本日の「実践!相続税対策」よろしくお願いいたします。

区分所有にするか、共有にするか?

今回は、相談事例でいきたいと思います。

Aさんは、母親の土地に、Aさん家族と母親で賃貸併用住宅を建てることを計画しています。(父親は既に他界)

3階建ての建物で、各階120m2、各階の利用形態は次のとおりで計画しています。

1F 賃貸2室、母親居住1室
2F 賃貸3室
3F Aさん夫妻と子ども

資金は、母親がかなりの部分を出しますが、Aさんも住宅ローンを借りようと思っています。

母親の出すお金の一部を、住宅取得等資金贈与を使って、1,200万円非課税で贈与を受け、その分をAさんの名義にする、ということも考えています。

また、Aさんは住宅ローン控除も受けたいと思っています。

仮にですが、建築費を9,900万円として、1Fあたり3,300万円となります。

3FのAさん居住部分は、母親から1,200万円、住宅ローン2,000万円、残りはAさんの自己資金。

1F、2F部分は、母親が現金で出す、ということです。

そこで問題となったのが、登記をどのようにするか、ということです。

Aさんは、1F・2Fを母親の名義、3FをAさんの名義ということで、区分所有登記を考えていました。

ところが、区分所有登記をしてしまうと、相続をする時に土地の評価が高くなってしまいます。

なぜかと言うと、区分所有登記をした建物が建っている土地は、小規模宅地等の評価減が、母親の居住部分の床面積に対応する土地にしか、適用されないからです。

居住用の小規模宅地等の評価減は、330m2まで80%も評価減をしてくれる特例です。これは、自宅を相続する時にはフル活用したいものです。

母親の居住している部分は、120m2の1/3、40m2です。
建物全体は、120m2×3Fで、360m2です。

40/360で、土地全体の9分の1しか、居住用の80%評価減は受けられません。

貸付用の評価減もありますが、これでは将来の相続税が、かなり高くなってしまいます。

そこで、建物はお母様と共有にした方が良いのではないかと、提案しました。

共有にすれば、居住用の小規模宅地等の評価減が、お母様の住んでいる部分と、Aさん家族の住んでいる部分も含めて適用することができるからです。

この場合は、お母様の住んでいる40m2に、Aさん家族の住んでいる部分120m2も加えた、160m2に対応する土地について、居住用の小規模宅地等の評価減を受けることができます。

残りの部分については、貸付事業用の小規模宅地等の評価減も受けることができます。

これで、相続税の方はかなり減額することができるので、Aさんもその方がいい、ということになりました。

ただし、共有することによって、使えなくなる特例もあるのです。

まず、1つは住宅ローンが借りられなくなります。建物全体としてみますので、賃貸部分が1/2超となり、住宅ローンではなく、借りるとしたらアパートローンになります。

そうなると、住宅ローン控除は使えなくなります。
住宅ローン控除の要件にも、自己の居住部分が1/2超、というものがあります。

さらに使おうと思っていた住宅取得等資金贈与の非課税特例も、使えなくなってしまいます。

これも、自己の居住部分が1/2超という条件があるからです。
区分所有にすれば、その部分は100%居住用なのですが、共有ということであれば、建物全体でみますので、Aさんの居住部分は1/2を超えません。

また、床面積の基準からいっても、住宅取得等資金贈与の非課税特例が使えません。この特例は、50m2以上240m2以下の建物である必要があるからです。

以上のように、賃貸併用住宅は、共有にするか、区分所有にするかで、税法の適用には大きな違いが出てきてしまいます。

どちらが良いのかは、家族の状況、建物の使い方、他の財産も含めた財産の状況などで変わってくるでしょう。

専門家に相談しながら、よくシミュレーションしてみることが大事だと思います。

━━━━━【無料ご招待!セミナーのご案内】━━━━━━━━━

■ 知らなければ損をする!『2017年・新春勉強会』
~ 税制改正セミナー ~ 個人・法人問わず

平成29年2月3日(金)14:00~16:00
──────────────────────────────
平成29年度 税制改正大綱が発表されています。

今年は、個人の所得税、相続税にどのような影響があるのか、
下記セミナーにて、わかりやすくお話しいたします。

日頃「実践!相続税対策」メルマガをお読みの方、東京メトロポリタン相続クラブの会員の方、無料でご招待させていただきます。

税制改正だけでなく、相続・生前贈与対策、事業承継や自社株対策のポイントなどもお話しします。是非、ご参加ください。

★お申し込みは、下記までメールにてお申し込みください。
info@tmcg.co.jp

日時:平成29年2月3日(金)14:00~16:00(受付13:30~)

会場:TKP新宿カンファレンスセンター 5F会議室
新宿区西新宿1-14-11 日廣ビル5F tel03-4577-9250
http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-shinjuku/access/

参加費:無料

講師:東京メトロポリタン税理士法人 税理士 北岡修一

主催:アクサ生命保険 新宿FA支社
共催:東京メトロポリタン税理士法人

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【入会無料!】━
■『東京メトロポリタン相続クラブ』のご案内
   http://www.tm-tax.com/souzoku/
──────────────────────────────
相続の「かかりつけ医」を目指して、当クラブを発足しました。
相続についてのお悩み・疑問等を、お気軽にご相談ください。
 
当相続クラブは、入会金・年会費は一切無料で、次のようなサービスを提供しています。

●入会特典:わかりやすい「相続・贈与ハンドブック」進呈
●初回相談無料、その後の電話・メール等での相談も無料
●相続税の簡易シミュレーションを無料で提供
●メルマガ、相続贈与マガジン(郵送)による情報提供
●弊社主催のセミナーにご招待
●信頼できる他士業(司法書士、弁護士、鑑定士等)のご紹介
●相続税申告や対策業務を、会員割引価格にて提供  等々

詳しくは、下記サイトをご覧ください。
 【東京メトロポリタン相続クラブ】
  ⇒ http://www.tm-tax.com/souzoku/

皆様のお申し込みを、お待ちしております。

編集後記

本日から、チョコレートの祭典、サロン・デュ・ショコラが開催されます。チョコレート好きな私としては、行きたいところですが、場所が遠くなってしまい、今回は行けそうにありません。

それでも、事前にインターネットで注文したので、今から届くのが楽しみです。日ごろ味わえないチョコレート、今年はどんな味を発見できるか、小さな楽しみです。

メルマガ【実践!相続税対策】登録はコチラ
http://www.mag2.com/m/0001306693.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る