分割しにくい相続には、生命保険を活用する【実践!相続税対策】第127号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Life

皆様、おはようございます。
税理士の北岡修一です。

下の方に掲載しましたが、「事業承継」のセミナーをやります。
来月、6/13です。

このメルマガは、相続税対策ですが、主として事業をしている方の相続税対策も含めた、事業承継についていろいろとお話ししていこうかと思います。

今、内容について、練っており、相続税だけではなく、皆様の取り組んでいる価値ある事業を、是非、継続していってもらえるような、内容にしていきます。

該当する方は、是非、ご参加いただければ幸いです。

下の方のご案内をお読みください。

ということで、本日も「実践!相続税対策」よろしくお願いいたします。

分割しにくい相続には、生命保険を活用する

先週も生命保険の話をしましたが、今週も、生命保険の有効な使い方について、お話します。

今回は、分割しにくい相続財産の場合の活用方法です。

たとえば、相続財産として不動産が1つしかなく、あとはそれほど、預金などはない、といった場合です。

この時に、相続人が子供2人であれば、どのように相続したらよいか、困ってしまいます。

特にその不動産が自宅の場合は、どちらかの子供世帯が住むでしょうから、共有にするのは不自然です。

やはりどちらか1人の子供が、自宅を相続することになるでしょう。

そうなると、もう1人の子供は相続するものがなくなってしまいます。

あるいは、相続財産が、親のやっている会社の株式がメインで、他の財産があまりない、という場合です。

親の会社の株式は、やはり事業を承継する子供が相続するのが良いでしょう。会社にまったく関係ない子供が相続すると、
 
仲が良ければ、その代は良いかも知れませんが、その次の代になっていくと、ヘタに経営に口をはさんだり、株式の買取りを要求されたりで、問題が起こる可能性が多くなってきます。

ですので、このような場合も後継者1人が株式を相続する方がよく、そうなると、もう1人の子供が相続する財産がない、という状況になってしまいます。

そこで、このような場合には、代償分割という方法がよく採られます。

代償分割とは、上記のような場合に、1人の子供が不動産や株式を相続する代わりに、

自分の持っている独自の財産を、もう1人の子供に引き渡すという、分割の方法です。

 
自分の持っている財産を引き渡す場合は、現金預金がほとんどでしょう。

この場合、現金預金を渡しても贈与にはなりません。あくまで相続の分割方法の1つとして、もらった方は相続税の対象になります。

渡した方は、渡した財産の価額を、相続財産から引くことができます。

さて、このような時に代償財産として現金預金を持っていればいいのですが、不動産と釣り合うような多額の現金預金を持っていない、

あるいは持っていても、生活費や子供の教育費などもありますから、それを渡すわけにはいかない、ということがほとんどではないでしょうか?

そのような時に使えるのが、生命保険です。

次のように保険に入ります。

・契約者 親
・被保険者 親
・受取人 不動産や株式を相続する子供(長男とします)
・保険金額 不動産や株式の価額とほぼ同額

相続人は、長男と次男です。

親が亡くなった時に、長男は不動産または自社株を相続します。

また、同時に生命保険金が、長男に入ってきます。

生命保険金は、受取人固有の財産であり、分割対象となる相続財産にはなりません。

そこで、相続財産である不動産や株式を、すべて長男が相続します。

長男はその代わりに、固有の財産として受け取った生命保険金を原資として、次男に現金預金を支払います。

これにより、長男と次男はこの相続により同額の財産を取得することができます。

保険の活用によって、とても円満に相続を行うことができるのですね。

以上のような保険の活用は、とても有効です。
このようなケースであれば、是非、検討してみてください。

━━【事業承継セミナーのご案内】━━━━━━━━━━━━━━

 上記に紹介したとおり、事業承継のセミナーをやります。

 ・事業承継には、どのような方法・問題があるのか?
 ・株式の承継は、どのようにしていったらいいのか?
 ・役員や社員に継いでいくには、どのようにしたらいいのか?
 ・持株会社や持株会などを、作るのは本当にいいのだろうか?
 ・誰も継ぐ人がいない場合は、どうしたらいいのか?
 ・自社は、第三者承継の可能性はあるのか?

 などなど、事業承継の疑問、やり方、税金対策等を2部構成で
 解説いたします。

 詳しくは、下記サイトをご覧ください。お申し込みも下記より
 → http://www.tm-tax.com/seminar/seminar140613.html

──────────────────────────────
■経営者は“ 事業を継続” させていくことが使命だ!
【「事業承継」のために、今やるべきことは?】セミナー
http://www.tm-tax.com/seminar/seminar140613.html
──────────────────────────────
日時:平成26年6月13日(金)
受付開始/13:30
セミナー/14:00~16:30
無料相談/16:30~17:00

会場:ホテルローズガーデン新宿 別館2F
丸の内線「西新宿駅」1番出口1分
新宿区西新宿8-1-3 TEL:03-3360-1533

講師:税理士 北岡修一、笹川敏幸

参加費 3,000円(税込み)

※お申し込みはこちらから
→ http://www.tm-tax.com/seminar/seminar140613.html

編集後記

寒くもなく、暑くもなく、非常にいい季節になってきましたね。巷では5月からクールビズの会社も、多いようです。ウチもそうなのですが、私は今のところ変わらずネクタイもしてます。
今からネクタイ取っちゃうとダラダラになりそうで、できるだけネクタイはしておこうかな、と思っています。
ホント、ネクタイ取ると楽ですからね...。

メルマガ【実践!相続税対策】登録はコチラ
http://www.mag2.com/m/0001306693.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る