遺留分について【実践!相続税対策】第103号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Gift

皆様、おはようございます。
税理士の北岡修一です。

相続税の増税やセミナーなどがいろいろあるせいか、最近は遺言を書きたい、という人が相当増えている感じがしますね。

今日も遺言について、話をしたいと思います。
 
ということで、本日も「実践!相続税対策」行ってみましょう。

遺留分について

よく遺言を書く時に、遺留分に注意すること、と言われます。

この「遺留分」とは、何でしょうか?

遺留分とは、一定の相続人が最低限相続できる財産の割合として、民法で定められているものをいいます

亡くなった方の遺言により、好かれていた1人の相続人に、全部の財産がいってしまったり、

場合によっては、愛人にかなりの財産がいってしまったのでは、残された相続人は浮かばれませんよね。

そういうことを防ぐために、遺留分の規定が民法に設けられています。

具体的には、次のとおりの割合になります。

1.子(代襲相続人)と配偶者が相続人の場合
配偶者が1/4、子が1/4
※配偶者が死亡している場合は、子が1/2

2.父母と配偶者が相続人
配偶者が1/3、父母が1/6
※配偶者が死亡している場合は、父母が1/3

3.配偶者のみが相続人  
配偶者が1/2

4.兄弟姉妹と配偶者が相続人
配偶者が1/2、兄弟姉妹は遺留分なし

たとえ、遺言で愛人に全部、となっていても、上記の割合は相続人が財産をもらえる権利があるのです。

ここで注目すべきは、兄弟姉妹には遺留分はない、ということです。

兄弟姉妹が相続人になるのは、亡くなった方に子供がなく、かつ親も既にいない場合です。

この場合には、相続人の第3順位として、亡くなった方の配偶者と兄弟が相続人になります。

たとえば、長男が亡くなった場合(子供や親はいない)、その奥様と、長男の兄弟が仲が良ければいいのですが、

奥様が、夫の弟や姉妹などと仲が悪い場合は、相続争いにもなりかねません。

この場合の相続分は、奥様は3/4で、1/4は兄弟姉妹にあるのです。

兄弟姉妹がその相続分を主張してくると、やっかいなことにもなりかねません。

そこで、ご主人は生前に遺言を作っておけばいいのですが、この場合は、100%奥様にしておいてもいい、というわけですね。

兄弟姉妹には遺留分がありませんから、それに対して文句を言うことはできません。

また、このようなケース以外でも、昨今遺留分はずい分知られてきましたから、遺留分のことを心配し過ぎる傾向もあります。

ただ、遺留分を侵害した遺言を作ったからと言って、それは無効である、ということにはなりません。

あくまでも遺言は、遺言者の意志ですから、どんな遺言でもいいわけです。

遺留分は、遺産を少ししかもらえなかった相続人が、減殺請求という手続きをして、初めて有効になってくるのです。

したがって、なぜこのような(遺留分を侵害するような)遺言をするのか、遺言者の意志が明確であれば、またそれを相続人が納得できるものであれば、

遺言者は遠慮することなく、自分の意志を反映した遺言を書けばいいのです。

その意志を伝えるのが先々週の付言であり、あるいは生前から相続人によく話をしておくことです。

編集後記

先々週も紹介した、拙著「社長の『闘う財務』ノート」先日実物を始めてみました。黒い表紙でタイトルは金色の爆発デザイン...最初はエッ? とビックリしましたが、よく見ると落ち着いていて、なかなかいい感じです。

黒は、ノートとタイトルについているように、革の手帳を意識したものだそうです。したがって、角が丸くなっている感じを表しています。なかなか細かいところまで凝ってますね。

ということで、アマゾンの画像でははっきりわからないかも知れませんが、是非、表紙見てみてください。アマゾンでは濃紺のようですが、実際はもっと黒いです。
(見たついでに”予約注文する”ボタンを押してくれるとなお嬉しいですね!(笑))

メルマガ【実践!相続税対策】登録はコチラ
http://www.mag2.com/m/0001306693.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る