相続登記の登録免許税の減免措置とは?【不動産・税金相談室】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Country

Q 平成30年度の税制改正で、相続登記の登録免許税の減免措置が新設されたようですが、その内容について教えていただけますか?

A 平成30度の税制改正にて、新たに土地の相続登記の登録免許税の減免措置が、講じられました。

相続登記が2回必要な場合に、1回分の登録免許税が減免される、というものです。

この制度は、平成33年3月31日までの登記について適用されますので、現時点では、一時的な措置となります。

親の相続の際に、相続財産である土地のうち、その名義が祖父母のままであるケースは、正直、多いですね。

祖父母の相続の時は、相続税の申告が必要なかったため、登記が後回しにされ、そのままになっているような場合です。

たとえば 父親の相続に際して、長男が土地を取得することになり、その土地の中に、祖父名義の土地が含まれていたとします。

土地を取得した長男は、祖父名義の土地について「祖父から父」「父から長男」と、2回の登記が必要となるケースがあります。

相続により取得した土地の固定資産税評価額が3千万円だった場合の登録免許税は、次のとおりです。

3千万円×4/1000 = 12万円

説明の便宜上、簡単な例としますが、今までは、12万円×2回=24万円の登録免許税がかかっていました。

今回の改正で、先の相続である「祖父から父」の相続の際の登録免許税が免税されることになります。

今まで24万円の登録免許税がかかっていたところ、1回分の12万円で済むということですね。

あくまで創設された制度の趣旨ですが、相続登記がなされずに放置されている土地が、増加していることへの対策となります。

なお、登録免許税が減免される要件は、次のとおりです。

・土地の相続登記を行わず死亡した者を、登記名義人とする移転登記

・所有者不明土地のうち、市街化区域外の土地で、行政目的のために必要なものとして、法務大臣が指定する土地について行う移転登記で、当該土地の価額が10万円以下の場合

詳細については、法務局または司法書士に確認されることをお勧めいたします。

《担当:利根川》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る