相続により取得した不動産の取得費 【不動産・税金相談室】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Country

Q 今回、相続により取得していた土地を売却することになりました。
相続で取得した際に、相続登記費用がかかったのですが、この相続登記費用は、譲渡所得の計算において取得費として控除することは可能でしょうか?

A 土地等の不動産を売却した場合、譲渡所得の計算をしなければならないのですが、基本的な計算方法は下記の通りです。

譲渡所得=譲渡対価-(取得費+譲渡費用)

売却金額から、土地を購入した際の取得費と、今回の譲渡時にかかった譲渡費用を控除して、譲渡所得を求めます。

この売却金額から差し引ける取得費に、相続登記費用を含めて問題ないかを見ていきたいと思います。

まず、今回、相続により取得した土地ということですので、その取得費は、亡くなった方(被相続人)がその土地を取得した時の購入代金等になります。

また、相続が発生した際には、通常、被相続人の名義を、取得した相続人の名義に変更するための費用が発生します。

一般的に相続登記費用と呼ばれるものですが、この相続登記費用は取得費に含めてよいことになっています。

つまり、譲渡所得の計算において取得費として控除することができる金額は、

「被相続人が土地を取得した時の購入代金等 + 相続人が相続時に負担した登記費用等の合計額」

ということになります。
ただし、これは被相続人が土地を取得したときの購入代金等がわかっている場合です。

この購入代金等が不明なケースも、実際には多いと思われます。

そのような場合には、売却代金の5%相当額を取得費とすることができます。
これを概算取得費といいます。

注意しなければならないのは、この概算取得費を使った場合には、相続登記費用などを取得費に含めることができない、ということです。

売却代金の5%相当額が取得費の合計額、という意味合いになるからです。

概算取得費を使った上に、相続登記費用も取得費として控除してしまうケースが多いようですので、注意しなければいけません。

《担当:利根川》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る