サラリーマンのマンション投資による節税について【不動産・税金相談室】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
72a91fa2706044d99494c231d0679ec2_s

Q 私は、ごく一般的なサラリーマンですが、先日不動産屋さんからワンルームマンションの投資話を持ち掛けられました。
なんでも、ワンルームマンションに投資をすることで、所得税が返ってくるとのことですが、なぜそのようなことが起こるのでしょうか?

A このような節税効果を謳った不動産投資の話は、よく耳にするところです。
この不動産投資による節税ですが、これは所得税の計算構造に理由があります。
所得税は、給与所得や事業所得、不動産所得など、所得の種類が10種類にわかれており、これらの所得を合算(一部は分離課税)して、所得税が計算されます。

ご質問者様の場合、現在は給与所得に対して課税されており、給与から天引きされる形で、税金を支払っていると思います。
不動産投資をした場合には、給与所得と不動産所得が発生することになり、今後は、この2つの所得を合算して所得税が計算されることになります。

その際、家賃収入による不動産所得が黒字であれば、当然、その分の税負担が増えることとなりますが、赤字の場合は給与所得から赤字が差し引かれることになります。そのため、既に天引きされていた税金が、還付されることになります。

すなわち、不動産投資で「赤字」にならなければ、税金は返ってこないということになります。利益を得るために投資をしているのに、赤字にならないと税金が還付されないのでは、結局は損しているということにもなりかねません。

不動産所得が赤字になる理由は、経費として減価償却費、金利などがあるからです。特に、初年度は、不動産の登記料や登録免許税、不動産取得税、その他諸費用などがかかり、赤字になりやすいのです。

ただし、本当の赤字だと不動産投資をする意味はありませんね。そこにはちょっとしたカラクリ?がありますが、それはまた、次回私が担当する回でお答えしたいと思います。

《担当:高橋》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る