確定申告2 修繕積立金の必要経費算入時期【不動産・税金相談室】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
72a91fa2706044d99494c231d0679ec2_s

Q 賃貸用にマンションの1室を購入しました。管理組合の規約に従い、毎月修繕積立金を支払っているのですが、支払いをした年分の必要経費にできるでしょうか?

A 不動産所得の必要経費として計上できるのは、12月31日時点において、次の要件をすべて満たしている金額とされています。

1.債務が成立していること
2.債務に基づく、原因となる事実が発生していること
3.金額を合理的に算定できること

これらの要件に照らして考えると、修繕積立金については2番目の「事実の発生」がまだ生じていません。

そのため、支出をした時点では、まだ必要経費には出来ないことになります。

マンションの修繕積立金は、将来的な大規模修繕等に充てるため、管理組合が徴収し積立て、納入したものは管理組合が解散しない限り区分所有者へ返還しないというのが一般的です。

このような性質の支出であるにも関わらず、何年かに一度の大規模修繕等のタイミングでしか必要経費とならないというのは、実情にそぐわないといえます。

そこで、修繕積立金の支払いが、次の要件のもと行われている場合には、その支払いは、支払日の属する年分の必要経費に算入することが認められています。

イ.マンションの区分所有者は、管理組合に対して修繕積立金の支払義務を負うことになること

ロ.管理組合は、支払を受けた修繕積立金について、区分所有者への返還義務を有しないこと

ハ.修繕積立金は、将来の修繕等のためにのみ使用され、他へ流用されるものでないこと

二.修繕積立金の額は、長期修繕計画に基づき各区分所有者の共有持分に応じて、合理的な方法により算出されていること

本来は、上記1~3の要件を満たすことが必要なため、実際に修繕等が行われ、その修繕等が完了した日の属する年分の必要経費になるというのが原則です。

しかし、修繕積立金の支払いが、上記イ~二のすべての要件を満たす場合には、支払期日の属する年分の必要経費とすることができます。

《担当:後藤》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る