親に地代を払うの?【不動産・税金相談室】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
jc033_72a

Q この度、父親の土地に自宅を建て、妻と子供の3人で住むことになりました。
父親からは「ちゃんと地代を払えよ。」と言われています。もちろん、世帯を持って収入もありますので、そのつもりですが、この場合の税金関係はどうなるのでしょうか?

A 結婚して子供もできて、しっかり働いているので、地代を払うのは大変良いように思われますが、これには落とし穴があります。

税法は、第三者に対しても同じような行為をするか、ということを考え、それからはずれていると、特別に贈与をした、という認定をすることがあります。

今回の場合ですと、空いている土地があるからと言って、他人に建物を建てさせ、地代だけもらえばいいよ、というようにするでしょうか?

通常は、しないですよね?

特に首都圏など土地が高いところでは、土地の利用価値が高いわけですから、建物を建てさせるのであれば、借地権の権利金をもらうはずです。

首都圏の住宅地では、借地権割合は、土地全体の60%や70%になっているところが多いです。

したがって、借地権の設定には地価の60%や70%の権利金の授受をするわけです。借地権部分の譲渡、のようなものです。

  
そこで、子供だからといって、借地権の権利金は免除し、世間相場の地代だけもらう、というのでは、借地権の権利金相当額を贈与した、と見られてしまうのです。

でも、そんな高い権利金は払えない、父親の方もそんなものはいらないよ、なったら、どうしたらいい良いのでしょうか?

簡単なことです。地代を払わなければいいのです。
  
地代を払わない=地代がゼロ、ということは、これは賃貸借契約ではないということになります。

賃貸借契約ではないのだから、借地権の設定はしていない、すなわち、
借地権の権利金は発生しない、ということです。

だから贈与の問題もなくなります。

これを使用貸借といいます。いわばタダで使わせてもらう、ということですね。土地の固定資産税程度を子が負担しても、これは使用貸借の範囲内、ということになります。

一人前に世帯を持った、だから、しっかり地代を払おうとすると、贈与税がかかって、タダで土地を借りていると、税法上問題はない...

何かおかしな気はしますね。でも、税法とはそういうものなのです。

ただし、父親の相続があった時には、違いが出てきます。

土地を賃貸借契約にして、権利金をしっかり払っていると、子に借地権がありますので、土地を相続する際には、底地評価だけになります。

それに対し、使用貸借でタダで土地を使っていた場合は、相続時には土地全体を100%評価で相続をすることになります。

相続税が違ってくるわけですね。

親の土地に家を建てるなどは、よくあることかと思いますが、ちょっと注意をしておかなければいけないですね。

なお、賃貸借契約で親に地代を支払った場合は、親の方は不動産所得の
収入になりますので、所得税の確定申告をする必要があります。

また、権利金をもらった場合は、これも不動産所得または譲渡所得となり、確定申告が必要になります。

《担当:北岡》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る