売却時に行ったハウスクリーニングの費用【不動産・税金相談室】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Cleaning

Q 自宅マンションの売却に際し、ハウスクリーニングを行ったため20万円の費用が生じました。
この費用は、譲渡費用として売却時の利益から控除することができますか。

A ハウスクリーニングのために支出した費用については、譲渡費用に含めることができません。

そもそも譲渡費用とは、「資産の譲渡に要した費用」であるため、たとえば、売却時に支払った仲介手数料や登記費用、立退き料などが該当し、その資産の維持・管理のための費用については、譲渡費用に含まれません。

ご質問のハウスクリーニング費用は、通常発生する維持・管理のための支出であると考えられますので、譲渡費用として認められないのです。

仮に、ハウスクリーニングが買主からの要望であったとしても、これまで行うべきであった維持・管理が不足していたことを原因に、売却時に発生しただけであるとも言えます。

売却時に発生した費用といっても、全てが譲渡費用に該当するものではないわけです。

ただし、そのハウスクリーニングを行うことによって売却額が増額されるなど、売却額の決定に大きく貢献している場合には、譲渡費用として認められる余地もあります。  

これは、その費用の内容を考慮して個別的に判断することとなりますので、ご不明な場合には、申告前に税務署あるいは税理士等の専門家へご相談いただきたいと思います。

なお、改良(資本的支出)等と認められる場合については、その費用を取得費に含めることが可能ですが、今回のようなハウスクリーニングについては、通常、改良と言えるものではないと考えられますので、いずれにしても利益から控除することはできないでしょう。

《担当:樋口》