すまい給付金について【不動産・税金相談室】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
土地建物所有者

Q 前2回で、平成26年度の税制改正について、資産税や所得税について解説していただきましたが、その他に私たちの生活に関わるものでは、どんな改正がありますか?
  
A やはり今年は何と言っても、消費税の増税が一大イベントですね。

特に住宅に関しては、金額も大きいですので、消費税増税の影響も大きくなってきます。

消費税増税の緩和策として、住宅ローン控除の拡充が行われますが、もう1つ「すまい給付金」というものが創設されます。

今日は税制ではありませんが、すまい給付金について、簡単に説明します。

すまい給付金は、平成26年4月以降の引渡しから、平成29年12月入居完了分まで実施されます。

対象になる人は、一定の年収以下の人です。消費税8%時に対象になるのは目安として510万円以下の年収の人です。

それ以上の収入の人には、すまい給付金が出ませんので、年収600万円くらいですと、消費増税で負担が増えることになってしまう可能性があります。

対象になる住宅は、新築でも中古でもいいのですが、床面積50m2以上などいくつかの要件があります。

では、すまい給付金はいくらくらい出るのでしょうか?

目安の年収による給付金は、次のとおりです。

・年収425万円以下 30万円
・年収475万円以下 20万円
・年収510万円以下 10万円

すまい給付金を受け取るためには、給付申請書を作成し、確認書類を添付して申請することが必要です。

上記の範囲の方は、せっかくの給付金ですから、確実に受け取れるようにしっかり準備をしてください。

《担当:北岡》