建物の固定資産税はいつからかかるか?【不動産・税金相談室】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
, Construction

Q 年末に建物が完成しますが、年内に引渡を受けるか、年明けになるか微妙なところです。ところで、固定資産税は1月1日に土地や建物を所有している場合にかかるとのことですが、これは何をもって所有していると判断するのでしょうか?

A 実質的には、建物の引き渡しを受け、実際に居住できる状態かどうかで、判断します。その意味では建築確認の完了検査が終わった時点が1つの目安になるでしょう。

ただし、実務的には登記で判断されることになります。固定資産税を課する市役所等でも、登記情報を見ているようです。

建物の登記には、建てた建物の物理的状況を初めて登記簿に載せる「表示登記」と、その後に行なう所有権の「保存登記」というものがあります。

固定資産税の課税は、最初の「表示登記」を行ったところから、所有しているとみなされ、課税の対象になります。

固定資産税の課税は、1月1日時点で判断しますので、12月に表示登記をするか、1月に表示登記をするかで変わってくるわけです。

1月1日までに表示登記がされていれば、建物に固定資産税が課税されます。

ただし、今まで住宅が建っていなかった土地に、住宅を建てた場合は、土地の評価は更地評価ではなく、住宅用地として評価されます。
(建替え中の場合は、一定要件の元、住宅用地になります。)

住宅用地になれば、200m2までは更地の何と1/6になります。すなわち、建物が建てば、更地の時に比べて固定資産税が1/6になるということです。
(なお、200m2を超える部分については、1/3)

これは雲泥の違いですね。

建物に固定資産税がかからないようにするか(表示登記は1月)

土地の住宅用地の評価減を適用できるようにするか(表示登記は12月)

どちらにするかは、一長一短ですね

《担当:北岡》