子が親の家屋のリフォーム費用を負担した場合【不動産・税金相談室】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
jc113_72a

Q 現在親と同居していますが、家が古くかつ狭いため、息子の私がお金を出して、リフォームをすることになりました。(1,000万円の予定)

この場合、贈与などになってしまいますか?家屋の一部を私の名義にしたいとも思いますが、どのようにしたらよいですか?

A 子が親の家のリフォーム費用を負担した場合、それだけの理由で家屋の一部を子の名義にすることはできません。

家屋は親の所有であるため、リフォームした部分も親の所有となります。
そうなると本来リフォーム費用を負担すべき親が、そのリフォーム費用を子から贈与を受けた、という扱いになってしまいます。

それでは、本意ではないでしょうから、次のようにしてはいかがでしょうか?

1.子が親の家屋の一部を買い取る。
例:家屋の時価1,000万円として、その50%を買取り、その代金として500万円を親に支払う。

2.親はその500万円を拠出し、子がさらに500万円を出して、合計1,000万円でリフォームを行なう。

3.以上により、家屋の名義が子に50%分移り、それぞれが持分に応じた500万円を支出してリフォームしているので、贈与税の問題は生じない。
   
結果として、子が1,000万円を全額負担してリフォームを行ない、50%分の名義を子に移すことができます。

なお、この場合、親は家屋を譲渡しているため譲渡所得の対象となります。
  
ただ、家屋の建築費から償却費を引いた未償却残高が、売却した金額と同じか、あるいはそれ程違わないようにすれば、譲渡所得税は出てもわずかかと思います。
(あらかじめそのように計算して、実行することが大事です)

この場合、親子間ですので、居住用の3,000万円控除が使えないので、注意しておく必要がありますね。

以上、同居している場合のリフォーム費用の負担などは、よく注意をしておく必要があります。

《担当:北岡》