代償分割があった場合の、相続税の取得費加算【不動産・税金相談室】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
FB0I9A8416_TP_V

Q 相続財産の大部分が土地であったため、代償分割を行いましたが、この場合、相続税の取得費加算は、どのように計算しますか?

相続後、土地を売却することになったのですが、どうもおかしな計算になってしまうのですが...?

相続財産および遺産分割は、次のようになっています。

●相続人:AとBの2人(相続分は、それぞれ2分の1)
    
●相続財産:2億5,000万円(土地2億円とその他の財産5,000万円)

●分割方法:財産2億5,000万円を、すべてAが取得し、その代わりにAはBに1億円を支払う。(代償分割)

●Aの相続税額:1,500万円

A 代償分割とは、特定の相続人が財産を相続する代わりに、他の相続人に金銭などを与える方法です。

前回、相続財産を売却した場合の、相続税の取得費加算の公式を次のように紹介しました。

(1)譲渡資産が土地等の場合

相続税額 × すべての土地等 / 相続財産

(2)譲渡資産が土地等以外の場合

相続税額 × 譲渡した資産 / 相続財産

これに従って計算すると、上記のような代償分割をした場合は、ちょっとおかしなことが起こってしまいます。

Aが、相続財産のうち2億円の土地を譲渡した場合、相続税の取得費加算の計算は、上記の式に当てはめると、次のように計算されます。

1,500万円 × 2億円 /1億5,000万円 = 2,000万円

Aの相続税額:1,500万円
譲渡した土地:2億円
相続財産:2億5,000万円-1億円(代償金)=1億5,000万円

あれ??ということになります。相続税の取得費加算は2,000万円になり、1,500万円の相続税しか払っていないのに、所得税の計算では、2,000万円もマイナス(取得費に加算)できてしまうのです。
 
しかし、残念ながら「もうけもうけ」となるほど税金の世界は甘くありません。

しかし、なぜこういうことが起こってしまうのでしょうか?

それは、上記の数字を見ていただくと、分子の『譲渡した土地』2億円については、代償財産1億円が全く考慮されていないのに対し、

分母の『相続財産』1億5,000万円からは、代償財産1億円がマイナスされているのが分かると思います。

その結果、分子が分母より大きくなり、実際の相続税額よりも大きい金額が、算出されてしまうのですね。

このような場合は、分子の金額を次のとおり圧縮計算することになります。

<分子の金額>

1.譲渡資産が土地等の場合
すべての土地等- 代償金×すべての土地等/(相続財産+代償金)

2.譲渡資産が土地等以外の場合
譲渡した資産- 代償金 × 譲渡した資産/(相続財産+代償金)

要するに、分母から代償金がマイナスされているのであれば、分子からも代償金のうち『すべての土地等』や『譲渡した資産』に対応する部分を、マイナスし、分母と揃えようということですね。

『相続財産+代償金』となっているのは、代償金マイナス前の相続財産全体という意味です。
(上記例でいうと、代償金1億円をマイナスする前の2億5,000万円ということになります。)

この圧縮計算を、上記の例に当てはめて計算してみましょう。

そうすると、まず分子部分の計算については...
  
2億円-1億円× 2億円/(1億5,000万円+1億円)= 1億2,000万円

となります。

この分子の金額を、取得費加算の式に当てはめると...

 1,500万円 × 1億2,000万円 / 1億5,000万円 =1,200万円

となります。
 

このように、代償分割をした場合、意外とこの調整計算をしないという間違いは多いようですので、ご注意ください。
  
最後までお読みいただき、ありがとうございました。