東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!相続税対策」 >> バックナンバー(第216号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!相続税対策」 バックナンバー

2016/02/11(第216号)「保険料贈与について」

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2016/02/11(第216号)━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□
□■  ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□      http://www.tm-tax.com/souzoku/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  皆様、おはようございます。
  税理士の北岡修一です。
 
 先週、「東京メトロポリタン相続クラブ」について、ご紹介さ
 せていただいたところ、一気に30件ほどのお申し込みをいただ
 き、正直ビックリしました。

 これほど反響をいただいたのは、このメルマガで初めてでした
 ので...(笑)。

 お申し込みいただいた皆様、ありがとうございます。
 順次、当初に進呈するわかりやすい「相続・贈与ハンドブック」
 をお送りしますので、お待ちください。

 また、是非無料の「相続税の簡易シミュレーション」をお申し
 込みください。簡単なフォーマット記入で相続税を試算します。

 まだお申し込みでない方で、ご興味ある方は、是非、下記サイ
 トをご覧ください。
 → http://www.tm-tax.com/souzoku/


  では、本日の「実践!相続税対策」よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■
■□  保険料贈与について
□■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●相続税対策の最もオーソドックスなものは、生前贈与です。
 これはもう、皆様よくご存知かと思います。

 贈与税は、年間110万円の非課税枠があり、その範囲までであれ
 ば、贈与税はかかりません。

 したがって、毎年110万円の範囲内で贈与を続けて、それを長
 い期間行っていけば、相当の財産を子などに移していくことが
 できます。

 贈与する子や孫などが多ければ、その人数分だけ無税で財産を
 移していくことができます。


●ただ、問題は、そんなに多額のお金を子や孫にあげて、良いの
 か、ということです。

 教育的な面や、お金に対する価値観、仕事に対するモチベーシ
 ョンなどに悪い影響を与えることも考えられるからです。

 現に、私どもの関与先で、かなりの額を毎年贈与していたら、
 子供が仕事をやめてしまった...なんてことも起こっています。


●そこで、こういう問題を防いで、なおかつ相続税対策になる方
 法があります。

 それが「保険料贈与」です。

 これは、親が子に贈与したお金で、子に次のような生命保険契
 約をさせるものです。

  ・保険種類:終身保険
  ・契約者:子
  ・被保険者:親
  ・受取人:子
  ・保険料は年払い


●たとえば、毎年親が子に210万円贈与して、そのお金で子が上記
 の保険に入ります。

 210万円の贈与税は、(210万円-110万円)×10%=10万円 です。
 
 子は10万円の贈与税を払って、残りの200万円を終身保険の保険
 料として支払います。

 そうなると、手元には当然、お金は残らないことになりますね。


●この保険を現金でもらえるのは・・・親が被保険者ですから、
 親が亡くなった時ですね。中途解約しない限り。

 そうすると、生前贈与をして親の財産を減らす相続税対策をし
 ながら、実際に現金を受け取るのは、相続で、ということにな
 ります。

 しかも保険、それも自分が契約者の保険ですから、遺産分割の
 必要もなく、すぐにもらうことができます。

 いわば、生前贈与ではあるけれども、相続で財産をもらうよう
 な気持ちになるわけです。当然、親にこのようなことをやって
 もらった感謝の気持ちも湧いてくるでしょう。


●しかも、この保険には相続税はかかりません。
 自分がかけた保険ですから、所得税の対象となります。

 この場合は、一時所得といって、非常に優遇された税金計算を
 することができます。次のような計算になります。

 (保険金-保険料の払い込み総額-50万円)×1/2= 一時所得

 この一時所得が、給与などに合算されて課税されることになり
 ます。
 払い込んだ保険料が全額引けて、さらに50万円引き、さらに
 それを2分の1にするという、ものすごく優遇された税制に
 なっています。


●もちろん、相続税には、死亡保険金の非課税枠がありますか
 ら、それはそれで使いたいところです。

 これは、亡くなられた方が、自分を被保険者としてかけていた
 保険です。これは相続税の対象となります。ただし、次の金額
 まで非課税になります。

 法定相続人の数×500万円 = 死亡保険金の非課税限度額


●したがって、相続税の対象となる生命保険は入っておいた上で、
 余裕があれば、保険料贈与をやってはどうか、ということにな
 ります。

 なお、保険料贈与にしろ、通常の贈与にしろ、贈与する時は、
 必ず贈与契約書を作ることが大事です。簡単なもので構いませ
 ん。
 ただし、必ずお互いに日付や住所や名前を自署しておくことが
 大事ですね。


●さらに、贈与するお金は銀行振り込みで証拠を残し、110万円
 を超えれば、しっかりと贈与税の申告をしておくことです。

 また、これから確定申告の時期に突入していきますが、そこ
 で生命保険料控除などをやるかと思います。

 この保険料贈与にかかる保険は、あくまで子が契約者の保険
 ですから、親の方で生命保険料控除などは、間違ってもしな
 いようにしてくださいね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【入会無料!】━
■『東京メトロポリタン相続クラブ』のご案内
    http://www.tm-tax.com/souzoku/
──────────────────────────────
 相続の「かかりつけ医」を目指して、当クラブを発足しました。
 相続についてのお悩み・疑問等を、お気軽にご相談ください。
 
 当相続クラブは、入会金・年会費は一切無料で、次のようなサー
 ビスを提供しています。

 ●入会特典:わかりやすい「相続・贈与ハンドブック」進呈
 ●初回相談無料、その後の電話・メール等での相談も無料
 ●相続税の簡易シミュレーションを無料で提供
 ●メルマガ、相続贈与マガジン(郵送)による情報提供
 ●弊社主催のセミナーにご招待
 ●信頼できる他士業(司法書士、弁護士、鑑定士等)のご紹介
 ●相続税申告や対策業務を、会員割引価格にて提供  等々

 詳しくは、下記サイトをご覧ください。
  【東京メトロポリタン相続クラブ】
   ⇒ http://www.tm-tax.com/souzoku/

 皆様のお申し込みを、お待ちしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

 【お勧めメルマガ 「実践!相続税対策」】
   ⇒ http://www.tm-tax.com/information/souzoku/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  info@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行】東京メトロポリタン税理士法人
         http://www.tm-tax.com/souzoku/
【執筆】税理士 北岡修一 資産税チーム 利根川裕行
         連絡先:info@tmcg.co.jp
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992 【〒】163-1304

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )          ID 0001306693
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>

 今日は休みなので、ちょっと長くなってしまいました。それに
 しても東京はいい天気ですね。どこかへ行きたくなりますね。
 でも、今日のこの時間は貯まったレポートなどを書いたりする
 貴重な時間...ちょっと今日は籠っています...

メールマガジン一覧に戻る

『実践!相続税対策』(マガジンID:0001306693)

今後、増税が避けられない相続税。都内で土地を持っていればかなりの確率で相続税がかかってくる可能性があります。相続税対策は、知っているか知らないかで、将来に大きな差が出てきます。相続税対策の基本から応用まで、その知識・手法を毎週ご紹介していきます。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です