東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!相続税対策」 >> バックナンバー(第210号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!相続税対策」 バックナンバー

2015/12/30(第210号)「土地を活用した事業を考えてみる」

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2015/12/30(第210号) ━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□
□■  ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□       http://www.tm-souzoku.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  皆さま、おはようございます。
  税理士の北岡修一です。
 
 今年最後のメルマガです。
 皆さま、お休みに入られている方が多いかと思います。
 年末年始はどのような過ごし方をされますか?
 うちは、後記のようなことを今年はやってみようかと思います。


 では、「実践!相続税対策」、本年も最後までメルマガをお読
 みいただきありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■
■□  土地を活用した事業を考えてみる
□■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●今年は、相続税の大きな改正があった年でした。その影響か、
 確かに相続税に関する相談が、ずい分増えてきました。

 都内に不動産を持っている方などは、やはり将来の相続税が
 心配になるようです。


●ただ、自宅だけであれば、小規模宅地等の特例を使えば330m2
 まで80%評価減がされるので、結果として相続税はかからない、
 ことも多いですね。

 ただし、誰が相続するかによって違ってきますし、同居か否か
 や、2世帯住宅の場合はどうか、など様々な問題はありますの
 で、やはり事前に検討しておく必要はあるかと思います。

 また、この特例を使う場合には、相続税が出なくても相続税の
 申告はする必要がありますので、気をつけないといけません。


●この小規模宅地等の特例で、今年改正になったのは、居住用
 (自宅)宅地の限度面積が広がったこと(240m2→330m2)と、

 居住用宅地等と、事業用宅地等の評価減が、それぞれの限度
 面積まで完全併用できることになった、ことです。


●昨年までは、居住用宅地等で、小規模宅地等の特例を限度面積
 まですべて使ってしまうと、事業用の宅地等では、評価減をす
 ることができませんでした。

 今年からは、居住用・事業用、それぞれの限度面積まで、完全
 併用することができるようになりました。


●そこで注目されているのが、事業用宅地等および特定同族会社
 事業用宅地等です。

 事業用宅地等とは、個人事業で土地を活用している場合、

 特定同族会社事業用宅地等とは、法人で土地を活用している
 場合、です。


●これらの事業用宅地等については、400m2まで80%評価減され
 ることになります。

 自宅が330m2まで、事業用が400m2まで、それぞれ80%も評価
 減されるわけですから、これは大きいですね!


●ただ、事業用で土地を使っている人は、そう多くはありません。
 簡単に事業はできないですし。

 ちなみに、この事業には、不動産貸付業は含まれません。
 アパートやマンション、駐車場などですね。これらは簡単にで
 きるのですが...対象にならないのです。

 これらの事業は貸付事業用という別区分になり、200m2まで50%
 評価減になります。

 しかも、居住用との完全併用はできません。
 これは個人事業でも、法人事業でもそうです。


●400m2まで80%評価減ができるのは、不動産貸付業以外の事業
 を行っている場合です。

 たとえば、お店とか倉庫とか、工場とか、不動産貸付業以外の
 事務所などに使っていれば、適用できます。

 不動産貸付している部分の土地が80%評価減できないのではなく
 て、不動産貸付業をしている会社が使っている土地は、80%評価減
 はできない、ということになります。


●特定同族会社事業用宅地等になるためには、いくつか条件があり
 ます。

 ・被相続人および親族等で、その法人の株式を50%超保有して
  いること
 ・その土地を相続した親族が、相続税の申告期限において役員
  であること
 ・その土地を相続税の申告期限まで保有し、法人の事業を継続
  していること 

 等です。


●今年の改正で、基礎控除が減額されてしまいましたが、その対策
 としては、やはりこの小規模宅地等の特例、特に上記の事業用宅
 地等をいかに使うか、が大きいですね。

 特に土地持ちの方は。是非、この事業用に土地を使えないか、と
 いうことを考えてみてはいかがでしょうか?

 フランチャイズ事業なども一考の価値があるかと思います。

 子供たちの中に、土地を活用して事業をする者がいないかどうか、
 アパートやマンションも飽和化してきましたから、是非、そんな
 ことも新年の計で、家族で考えてみてもいいのも知れませんね。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!相続税対策」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  info@tmbc.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-souzoku.jp/
【編集】税理士 北岡修一 資産税チーム 利根川裕行、高橋貴輝
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

 ★当税理士法人では、相続税の専門サイトを立ち上げております。
  『東京メトロポリタン相続相談センター』 です。
    → http://www.tm-souzoku.jp/

 ★上記サイトに、相続税申告および相続税対策に関する様々な
  情報を載せておりますので、是非、そちらもご覧ください。

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )          ID 0001306693
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>

 今年の年末年始は家族で都内のホテルで過ごすことにしました。
 1月1日の午後に娘のバイオリンの演奏会があることなどもあり、
 近くで旅行気分で過ごそうか、というような感じで、ちょっと
 面白そうでやってみようということになりました。交通渋滞も
 ないし、時間もかからないし、昼はちょっと帰ってきてバイオ
 リンの練習もできるし...ということで今日から行ってきま
 す。では、皆さま良いお年を!!



メールマガジン一覧に戻る

『実践!相続税対策』(マガジンID:0001306693)

今後、増税が避けられない相続税。都内で土地を持っていればかなりの確率で相続税がかかってくる可能性があります。相続税対策は、知っているか知らないかで、将来に大きな差が出てきます。相続税対策の基本から応用まで、その知識・手法を毎週ご紹介していきます。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です