東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!相続税対策」 >> バックナンバー(第201号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!相続税対策」 バックナンバー

2015/10/28(第201号)「株式の遺産分割協議が整う前の議決権行使」

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2015/10/28(第201号) ━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□
□■  ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□       http://www.tm-souzoku.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  皆様、おはようございます。
  資産税チームの高橋貴輝です。

 ついに、マイナンバーの通知カードの発送が始まりました。

 10月23日に千葉県の一部の市町村の発送が開始したのを皮切りに
 全国の各自治体でも準備が完了し次第順次発送されることになり、
 11月末までには配達が完了する予定です。

 簡易書留で配達されますが、その中には、「個人番号カード交付
 申請書」という書類が同封されています。

 これを、返信用封筒で返送するかスマートフォンやパソコンなど
 からオンラインで申請すると、来年1月以降、お住まいの市区町
 村役場で「個人番号カード」を受け取ることができます。

 これは、身分証明書としてそのまま利用できるほか、たとえば職
 場などにご自身のマイナンバーを提出する際の、本人確認として
 も使える便利なものですので、ぜひ取得されてはいかがでしょう
 か。

 ただし、裏面には当然12桁の個人番号が記載されているため、普
 段身分証明書として利用する場合は、その番号が見られないよう
 に注意する必要があります。


  ということで、本日も「実践!相続税対策」よろしくお願いいた
 します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 
■□  株式の遺産分割協議が整う前の議決権行使
□■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●皆様、相続に際して遺言書がない場合、遺産分割協議が整うま
 での間、相続財産の所有権は誰にあるのか、ご存知でしょうか?

 このメルマガを読んでいただいている方でしたら、ご存知の方も
 多いかと思いますが、「相続人全員で、各相続人の相続分に応じ
 て共有する」ということになります。

 たとえば、相続人が子供3人の場合は、それぞれ3分の1ずつ共
 有する、という具合です。


●これは、中小企業のオーナーが所有する自社株についても例外で
 はありません。

 ですから、未分割の状態で、配当が支払われた場合などは、その
 配当も相続分にしたがって取得することになります。
 (実務的には異なった取り扱いをすることがあります。)


●ところで、株式を保有しているということは、配当を受ける権利
 以外にも、会社が解散した際に、その残余財産の分配を受ける権
 利や、株主総会での議決権などの権利があります。

 たとえば、遺産分割協議が整う前に、会社で株主総会が開かれた
 場合、その議決権は、どのように行使されるのでしょうか?


●簡単な例を使いながら、ご説明させていただきます。

  ・ オーナー(父)       ⇒ 持株 60株
  ・ 後継者(長男)       ⇒ 持株 40株
  ・ その他相続人(次男、三男) ⇒ 持株  0株
                    合計 100株
   ※その他の株主はいません。

 このような状況で、オーナー(父)が他界した場合、その60株に
 ついての議決権の行使は、次のどちらになるでしょうか?

 1.各相続人(長男、次男、三男)がそれぞれ20株分ずつ行使する
 2.誰かが、一人で60株分全部行使する


●株式自体は、上記のとおり60株分すべてについて、各3分の1ず
 つ共有していますので、議決権の行使も当然「1」の方法で行わ
 れるものと思いがちですが、実は違います。

  答えは、「2」です。


●なぜかと言えば、共有(未分割)状態の場合、議決権すべて(60
 株分)を行使する代表者を1人決定して、会社に対して通知しな
 ければ、議決権を行使することができない、ということが会社法
 に規定されているからです。

 また、その代表者は、共有者(相続人)の持ち分(相続分)の過
 半数により決定されることとなります。


●長男が後継者である場合、議決権は、40株+20株=60株分が確保
 されているから安心ということではない、ということです。

 兄弟の仲が悪い場合、次男と三男が結託して、次男を代表者とし
 て会社に通知した場合には、次男が60株分の議決権を行使するこ
 とができる、ことになります。

 最悪の場合は、長男を後継者とすることができないということも、
 十分想定できるのです。


●そうならないためにも、生前贈与や遺言書の作成、場合によって
 は種類株式の活用などにより、長男の議決権を最低でも51%は確
 保しておくことが必要となります。

 中小企業のオーナーの方は、ご自身の会社がこのような状態にな
 っていないかどうか、是非一度検討してみてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!相続税対策」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  info@tmbc.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-souzoku.jp/
【編集】税理士 北岡修一、資産税チーム 利根川裕行、高橋貴輝
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

 ★当税理士法人では、相続税の専門サイトを立ち上げております。
  『東京メトロポリタン相続相談センター』 です。
    → http://www.tm-souzoku.jp/

 ★上記サイトに、相続税申告および相続税対策に関する様々な
  情報を載せておりますので、是非、そちらもご覧ください。

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )          ID 0001306693
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 最近、めっきり肌寒くなり、秋も本番という感じですね。

 そろそろ冬用のスーツに変えようと思うのですが、よく考えたら
 夏用のスーツしか持っていませんでした。

 20代の頃は、若いせいか暑がりで、1年中夏用のスーツで過ごせ
 たのですが、30歳を過ぎてから寒さに弱くなってしまったようで、
 このままでは、無事に冬を越す自信がありませんので、早速冬用
 のスーツを買いに行こうと思います。


メールマガジン一覧に戻る

『実践!相続税対策』(マガジンID:0001306693)

今後、増税が避けられない相続税。都内で土地を持っていればかなりの確率で相続税がかかってくる可能性があります。相続税対策は、知っているか知らないかで、将来に大きな差が出てきます。相続税対策の基本から応用まで、その知識・手法を毎週ご紹介していきます。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です